2019年03月14日

大阪アジアン映画祭2019(5)『先に愛した人』

🎬『先に愛した人』シュー・ユーティン監督/台湾/100分/日本初上映

突然この世を去った父親には男性の恋人ジェイ(ロイ・チウ)がいた。その男は父の保険金受取人にもなっていて、自由気ままに生きている人間だった。そんな現状に気の強い母親リウ(シェ・インシュエン)の怒りは爆発。そんな2人の間に挟まった高校生の息子リン(ジョセフ・ホアン)は戸惑いを隠せなかった。

image.jpg

あまりにも口うるさくて息子をがんじがらめに束縛する母親でうんざり。こんな妻ならどんな男だって逃げていくだろうに、と思って観ていた。だが、夫は数年前にゲイをカミングアウトして全財産を妻と一人息子に残して出て行った。その財産だって一生気楽に過ごせるたかではなく、保険金はゲイの恋人に渡ってしまうのだから、今まで以上に強烈になる母親だ。

息子を連れて保険金渡せと怒鳴り込みに行くが尻込みして外で待っている息子。息子だって逃げ出したくなるだろう。と思って見ていたら案の定家出した先はゲイの恋人の家。

もちろん猛烈ママは居場所がわかると駆け込んでくるがテコでも帰らない息子に勉強道具、栄養を考えた食事、学校に遅刻しないよう何時に起こして、絶対に息子の体に触るな! と言い置いていく。もちろん、食べ物は毎日届ける。

そうこうしているうちにいろんなことが分かってくる。これは公開もあり得る作品なのであまり書けないが ロイ・チウの魅力、シェ・インシュエンの猛烈ママ演技、戸惑う高校生をピュアに演じた新星の三人三様が光っている作品だった。


⭐️2018年の台北フィルム・アワードで主演男優賞(ロイ・チウ)、主演女優賞(シェ・インシュエン)受賞。
⭐️台湾Nightで来日したロイ・チウさんはこの作品ではちょい悪風だが、実際は美男子‼️ 彼のファンたちで最前列はしめられていた。
⭐️邦題のつけ方に納得 ‼︎
posted by ミッキー at 07:18| Comment(0) | 映画祭・映画関連催し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする