2019年01月22日

『ミスター・ガラス』ミッドランドスクエアシネマ2にて

やっぱりミッキーは名古屋っ子、いや名古屋ババァ。夜、名古屋に着いてそのまま馴染みの店で味噌カツ定食を食べた。味噌汁ももちろん赤だし。小1ヶ月いないと住んでいる街がちょっと様変わりしていて新鮮に感じた。

🎬『ミスター・ガラス』M・ナイト・シャマラン監督/アメリカ/129分/ミッドランドスクエアシネマ2にて

スタジアムの守衛の仕事をやめた後、一人息子のジョセフ(スペンサー・トリート・クラーク)と一緒にフィラデルフィアでセキュリティー用品店を営んでいるデヴィッド・ダン(ブルース・ウィリス)は、不死身の肉体と悪を感知するとその現場を透視することができる能力を使い、密かに人々を犯罪から守っている。

彼は連続する少女行方不明事件について探っていたら、通りすがりにぶつかった若者ケヴィン(ジェームズ・マカヴォイ)が古い工場に少女たちを監禁している映像が透視できた。

すぐに後をつけて少女たちを助けるが、ちょうどその時、そこに帰ってきたケヴィン(24もの人格を持つ多重人格の男で、帰ってきたときは野獣ビーストだった)とデヴィッドは戦った。

逃げ出した少女たちの通報で駆けつけた警察に囲まれてしまう。2人はエリー・ステイプル医師(サラ・ポールソン)の指示で精神病院に収容される。そこには高い知能と94回も骨折したという壊れやすい身体を持つミスター・ガラス(サミュエル・L・ジャクソン)もいて……。


『アンブレイカブル』と『スプリット』を融合して、その後を描いた『ミスター・ガラス』

『アンブレイカブル』

列車事故で乗員乗客132人のうち、たった一人生き残ったのはスタジアムの警備員の男デイヴィッド・ダン(ブルース・ウィリス)。フィラデルフィア病院の緊急救命室で目覚めたデイヴィッドはなぜ自分だけ助かったのか不思議に思っていた。そんな彼に不審なメッセージが届く。その送り主はイライジャ・プライス(サミュエル・L・ジャクソン)で、彼はデイヴィッドが「不滅の肉体の人間」でずっと探していたと言われる。

『スプリット』

女子高生ケイシー(アニヤ・テイラー=ジョイ)は、級友クレア(ヘイリー・ルー・リチャードソン)の誕生パーティーに招かれた帰りに、クレアとマルシア(ジェシカ・スーラ)の3人はクレアの父親の車で送ってもらうことになったが、3人が乗り込み車内で待っていると父親ではない男(ジェームス・マカヴォイ) が運転席に入り込んで来た。3人は催眠スプレーで眠らされ、目覚めた場所はコンクリート造りの密室で、男は神経質な雰囲気を漂わせていた。だが3人の様子を見に来るたびに同じ男ではあるが、まるで女性のようだったり、少年だったりと、仕草や口調まで違っていた。

この2作品をササッと読んで(もちろんDVDを見る方がいい)『ミスター・ガラス』を観ると一層面白くなる。特殊能力を持つ男たちが大切にしたい人も同じ俳優さんで作られている。最後のどんでん返しも、どんでんのその後もうまく描かれていた。


posted by ミッキー at 16:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする