2019年01月19日

シドニーで映画三昧(12)『ROMA/ローマ』Dendyシネマにて

帰る日が近づくと、娘が帰る日延ばせるよとか、エディもママがいると家がきれいになるからずっといて……などと言ってくれる。

娘なんか急にミッキーにベタベタしたり、ワンちゃんに向かって「👵ババ、明日帰っちゃうんだよ、ちゃみちいね」 など言っている。

ミッキーはこういうの嫌い ! 娘のためにもはっきり言う。「また、年末に来るために、毎日いろいろ気をつけて1年頑張れるから、帰るのも楽しいよ」と。1年なんてすぐ経ってしまうが、娘のところに行ける年末が早く来るのは嬉しい。


🎬『ROMA/ローマ』アルフォンソ・キュアロン監督/メキシコ、アメリカ/135分/モノクロ/Dendyシネマにて

第76回ゴールデン・グローブ2部門の受賞(監督賞・外国語映画賞)したアルフォンソ・キュアロン監督作品。

政治的混乱期の1970年代のメキシコシティが舞台。経済的に恵まれた医師一家で働く家政婦クレオ(ヤリッツァ・アパリシオ)視点から描いた作品。

まずクレオは大層働き者の家政婦さんで、家事一般はもちろんのこと、子らの送り迎え(歩いて)、犬の世話(糞の始末も)、子らの遊び相手、寝起きの世話と大忙し。もう一人家政婦さんがいるが料理中心で奥様に運ぶ時は「クレオ、お願い、奥様苦手なの」と言う。

みんなから信頼されているクレオ。雇い主のご夫婦は夫婦仲は良くないみたいだ。医師の旦那はケベックに用事で行くと言ってるが、どうも信頼できない男だ。

そういえば、この作品には「いい男」は出てこない。同じ家政婦さんの紹介で男と親しくなるが、変わった男で真っ裸で合気道のような立回りをクレオの前で自慢気にやる。それだけではなく妊娠したことを告げるとさっさと行方をくらます……。

思わず月曜の半額デー(5ドル25セント)に2度目を観たが撮影が秀逸。と、思ったら監督さん自身で撮影していた。すごい才能の持ち主。

ただ映画のメイン写真がいただけない。暗く貧しいイメージだからだ。それを強調させると映画好きでも一歩引いてしまいそうだ。もっといいシーンがあったのに……。
posted by ミッキー at 05:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする