2019年01月16日

シドニーで映画三昧(9)『メリー・ポピンズ・リターンズ』Dendyシネマにて

朝晩ワンちゃん🐕の散歩に行く。毎日2回通っている道に3メートルほどの高さの大きな壁があって、いつも下ばかり見ていた。壁の下方には今流行りの落書きがしてあった。

なんとなく天候の様子を見るために、フッと見上げたら「オリンピックの表彰台の3人の男」の写真が大きく壁にプリントされていた。ひとりは白人で、後のふたりは黒人だった。

image.jpg

どこかで見たような写真だ。早速、家に帰って調べてみた。

壁に写されているのはメキシコオリンピックの時に銀メダル(金メダルはアメリカのトミー・スミス、銅メダルもアメリカのジョン・カーロス)に輝いたオーストラリアの短距離走・ピーター・ノーマン選手。だが表彰台で彼がとった行動で、メキシコオリンピック後、彼は銀メダリストの輝かしさはなく浮かばれない生涯を送った。その真実をかれの甥であるマット・ノーマンが映画『サリュート』を作り日本でもテレビ放映された。

2006年10月。ピーター・ノーマンは心臓発作で亡くなったが、葬儀にはトミー・スミスとジョン・カーロスがアメリカから駆けつけて列席した。

⭐️オーストラリア議会は彼がオーストラリアで受けた扱いと表彰台で行った勇気ある行動が評価されなかったことを謝罪した。
⭐️娘婿からノーマン氏はこの壁を生前に見にこの地にお出でになったと教えてくれた。


🎬『メリー・ポピンズ・リターンズ』ロブ・マーシャル監督/アメリカ/131分/dendeyシネマにて

大恐慌のロンドンで、バンクス家の長男マイケル(ベン・ウィショー)は、祖父や父親の勤めていたとある銀行に勤めている。生活は妻を亡くしてからというものは寂しいマイケル家だった。

そこにもう一つ難題が起こった。借りていたお金の返済期限が切れて、家を失いかねない状況になってしまう。そんな時に、ひょんなことがきっかけで、昔、バンクス家にいた魔法使いのメリー・ポピンズ(エミリー・ブラント)が、昔と変わらない姿で空から舞い降りて来て……。


1965年に公開されたディズニーの名作ミュージカル映画『メリー・ポピンズ』の続編。

『メリー・ポピンズ』は1964年アメリカ映画。問題を抱える家族の元に、ある日不思議な乳母メリー・ポピンズがやって来て、歌と魔法で大切なことを子どもたちに教え一家を幸せにするお話。メリー・ポピンズをジュリー・アンドリュースがやっていた。

出てくる俳優さんや子どもたち3人も歌が言葉をしゃべるように自然にするすると歌っていて、ミュージカル、お芝居、アニメ部分も文句無し。さすが舞台演出家・振付師であるロブ・マーシャル監督さんだ。

⭐️悪役のコリン・ファースさんの歌声が聴けなくてとっても残念だった。
⭐️2月1日に日本公開だが日本版声優には、メリ―・ポピンズに平原綾香さん、マイケル・バンクス役に谷原章介さん。


posted by ミッキー at 07:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする