2018年12月28日

シドニーで映画三昧(1)『Can You Ever Forgive Me?』

娘の家は2人の間借り人がいらっしゃるが、1人はオーストラリアの女性でクリスマスから実家、もう1人はドイツ人の若い男性。この方は2階ロフトで台所もついた大部屋(12畳以上あるはず)で寝に帰って来るだけという家主として最高の間借り人らしい。ミッキーはこの男性とはまだお会いしていない。

「guten Morgen Auf den ersten Kaorus Mutter」と何回も言って覚えるがスラスラとはいかない。ニッコリ😀笑ってguten MorgenかNachtぐらいになりそうだ。

🎬『Can You Ever Forgive Me?』マリエル・ヘラー監督/アメリカ/120分/dandyシネマ

リー・イスラエル(メリッサ・マッカーシー)は有名人の伝記ライターをしていたが仕事が減ってしまい部屋代や酒代にも不自由していた。

それを補うために、以前ライターをした有名人のサイン入り本などを売っていたが追いつかず、彼女は有名人のサイン付きの手紙が保管されている図書館へ行って本物を盗んでから、そっと自分で精密に作ったものを図書館に戻すということをするようになって……。


もちろん実話。

観客は中年女性を中心に8割がた入っていた。年の最後に観る大人の映画としてうってつけといったところ。なぜかというと笑いがけっこう全編に起こっていたからだ。最後の後記字幕でも笑いが起きていた。

残念なことに「笑い」の8割はついていけなかったが、それでもこのちょい悪おばさん、自分を歓迎してくれないパーテイー会場では、上等なトイレットペーパーを失敬したり、自分に合う素敵なコートを「もう帰りますから、そこのコート取ってください」と落とし前だけはきちんと付けていく。なんとまぁと😱驚くがそんなことはお構いなしだ。

そんな彼女も愛猫が死んだ時は身も世もないほど泣き崩れていてもらい泣きした。
posted by ミッキー at 04:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする