2018年12月15日

『斬、』名古屋シネマスコーレにて

昨日の『グリンチ』で村に暮らす少女のシンディ・ルーの声の出演をした横溝菜帆さんは10歳。シンディの母親・ドナの杏さんやナレーターのを宮野真守さんも文句無しだったが、中でもシンディの声やおしゃべりの可愛さが秀逸だった。なんと10歳とは、本当に驚いた。


🎬『斬、』塚本晋也監督/80分

江戸時代末期。太平の世の中が続き日本国が開国するかしないかで揺れ動いていた。

江戸から少し離れた村で浪人者の都築杢之進(池松壮亮)は百姓屋に農家手伝いや当家の息子・市助(前田隆成)に剣術を教えて日々江戸で一旗あげる時期を待っていた。

市助の姉・ゆう(蒼井優)とは以心伝心でお互いに好意を寄せあっていたが、目的のある杢之進はそれにはふれずにいた。

そんなある日、江戸で腕のたつ者を集めてから京都の動乱に参戦するという澤村(塚本晋也)にひょんなことから知り合い、杢之進と市助に一緒に行かないかと誘われる。


本格的な時代劇といえば今年9月の『散り椿』が忘れられない。監督は名カメラマンの木村大作さん。その作品に池松壮亮さんが出ていて映画が進むに従って侍顔になって深みが増していく様子に、彼が時代劇にもつかえる俳優になったことに嬉しくなった。

そして『斬、』では主演だ。立ちまわりも迫力があって相当な努力をしたと感じた。彼のボソボソとした言葉も良かったが、百姓姉弟の言葉が「やっぱり江戸に行っちゃうんですか」とか「早く行かないと果たし合いがおわちゃうよ」……と、ちぐはぐ。

最後までその違和感がつきまとっていた。評を読むと悪くはなかったがミッキーには納得ができなかった。
posted by ミッキー at 02:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月14日

今日、12月14日公開『グリンチ』名古屋109シネマズにて

午前中に試写が入っていたがあまりの寒さに止めようと決めて、二度寝しようとした時に宅急便がとどいてあわてて起きた。

まあ、起きたついでにと午前中の試写『七つの会議』(福澤克雄監督)に行った。2月1日公開だから、まだ先だが観て本当に良かった。

2018年の日本映画ベストテン(今、選択中)に『空飛ぶタイヤ』をあげているが、これに匹敵する社会派映画だった。

主演は野村萬斎、片岡愛之助、香川照之、及川光博と豪華。2019年日本映画ベストテンに入るレベルの一つを、早々と観られて嬉しい限りだった。


🎬『グリンチ』ヤーロウ・チェイニー、スコット・モシャー監督/アメリカ/86分/吹き替え版

クリスマスが大好きなフーヴィル村の住人たちが忙しく🎄🎁🎂の準備中。しかし、ちょっと外れた山奥の岩の洞窟に暮らすグリンチ(大泉洋)は、子ども時代のある出来事によってクリスマスが大嫌いになって、今では偏屈な男なってしまった。

今年もその季節が近づき、愛犬のマックスと一緒に、村のクリスマスをめちゃくちやにしたいと考えていた。

一方、クリスマスとサンタクロースが大好きな少女・シンディ・ルー(横溝菜帆)は、特別なお願いをするためにサンタクロースさんを探しに行く計画を立てていて……。

初日2回目上映で観た。観客は大人だけで10人足らず。

絵本作家・ドクター・スースの「いじわるグリンチのクリスマス」を題材にしたアニメ。『ホートン/ふしぎな世界のダレダーレ』もこの絵本作家さんのアニメ映画だった。

ワンちゃんと二人っきりの生活は、岩をくり抜いた洞窟のようなところにあるが住み心地はとっても快適で、マックスワンちゃんが朝食の用意など御主人さまに気を使っているところなど、とっても健気に描かれている。マックスにはグリンチの本当の性格がわかっていて見守っているという優しさも溢れていた。

クリスマスにうってつけのアニメだが大人にはちょっと物足りないかもしれない。

⭐️大泉洋さんの物言いや声高がしつっこく聞こえるときがあった。横溝菜帆さんは完璧。
posted by ミッキー at 18:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月13日

パソコン💻の中にお邪魔します 12月21日公開『シュガー・ラッシュ:オンライン』

🎬『シュガー・ラッシュ:オンライン』リッチ・ムーア&フィル・ジョンストン監督(『ズートピア』コンビ)/アメリカ/113分/12月21日より全国ロードショー公開

ゲームの世界で毎日を楽しく過ごしていたレースゲーム「シュガー・ラッシュ」の天才レーサー・ヴァネロペ(声:サラ・シルヴァーマン/吹き替え:諸星すみれ)と、彼女の大親友でゲームの悪役キャラクターのラルフ(声:ジョン・C・ライリー/吹き替え:山寺宏一)は、ゲーム機のハンドルが壊れてしまい「シュガー・ラッシュ」は消滅の危機に陥ってしまう。

このピンチを救おうと部品を調達するために、2人は初めてインターネットの世界に向かうが……。


笑い話のような本当の話だが、テレビの出始めの時、ミッキーの姉が「ザ・ピーナッツがテレビに出た時、中を覗いたら2人いた」といったので、当時人気のあったザ・ピーナッツさんをテレビの横の隙間からじっと覗いていた思い出がある。

当然「ザ・ピーナッツ」はいなくて騙されたのだが当時は本気になって覗いていた(ミッキーだけか?)。そんな60+X年前のことが鮮明に思いだしたのが『シュガー・ラッシュ:オンライン』だ。


2人が人混みをかきわけて案内カウンターに行き、「あのー」と言うと「アノー」に続く言葉がザーっと読み上げられる。💻パソコンの検索機能だ。上手くできている。

もちろん詐欺まがいの広告サイトも個人ブログの告知など、ネットの危険性も余すところなく見せてくれた。ミッキーもパソコン通ではないので、こうしてアニメで説明してくれて納得する部分があった。

これは小学生の高学年以上なら理解できるはず。パソコン未熟なお年寄りとスマホでパソコンに目覚め始めたお孫ちゃんのお二人連れも悪くないアニメ。

⭐️ディズニーとピクサーが誇る14人のプリンセスが勢ぞろいするのを見逃すことはできない。
posted by ミッキー at 11:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする