2018年11月18日

ポーランド映画祭2018『マリア・スクウォドフスカ=キューリー』『ポコット 動物たちの復讐』

🎬『マリア・スクウォドフスカ=キューリー』マリー・ノエル監督/ポーランド、フランス/96分/日本初上映


女性初のノーベル賞に輝き、二度もノーベル賞を受賞したキューリー夫人。最愛の夫で実験の同志であったピエールを馬車にはね飛ばされるという事故で亡くなってから、2人の娘を育てながら再びノーベル賞をもらうまでを描いている。


小学生の時に世界の偉人伝という本を揃えてもらって50人ほどの偉人伝を読んだが、キューリー夫人だけ何回も読み返した記憶がある。そして今回の映画だ。

これは人間「キューリー」が描かれている。ピエールの弟子で彼女の研究の手足となって助けてくれていた物理学者ポール・ランジュヴァンとの恋、それがマスコミが騒ぎ立てて2回目のノーベル賞を辞退してほしいと仄めかされるが「不倫関係がダメなら、今まで受賞した男性はほとんどいなくなりますね」と毅然としていた。

今のようにラジウムの危険性がわかっていないのでなんの防具もなく素手で扱っていた。その結果、66歳で再生不良性貧血でお亡くなりになった(それにしても素手で研究していたのに長生きなさった)。

映画としてはハレーションがきつく、画像も良くなかった。内容のバランスも良くない。ミッキーの知らないキューリー夫人がわかった点では観てよかった。


🎬『ポコット 動物たちの復讐』アグニェシュカ・ホランド、カシャ・アダミック監督/ポーランド/128分/日本初上映


ここはポーランドの山奥の素朴な村。地元の小学校で英語を教えていたが定年でやめた中年女性は居心地の良い山小屋風の家で一人悠々自適の生活を送っていた。

毎朝散歩に連れて行ってと2匹のわんちゃんに起こされるなど、いつも快適な一日の始まりだったが、ある日突然2匹ともいなくなった。生徒たちも一緒に探してもらったところ2匹は撃たれて死んでいた。

その頃、村では市長が猟をする愛好家を集めて、山に棲息する鹿、イノシシ、ウサギなどを解禁など無視して撃たせていて……。


(詳しい説明書きがないのでミッキーの想像も3割がた入っていると思う)

これは元気のある化粧っ気なしの中年オバが主役。警察や役所に文句を言いによく行くので、彼女を煙ったく思っている男性ばかり。若い女性もいるが肩を持つ意見など言えばすぐに首なので影では協力してくれるだけ。

彼女の意見は「猟銃趣味の玉にあたって無残に死んでゆく動物たちを阻止しないといけない」「人が殺されるのは動物たちの仕返しだ」というものだった。

動物たちの無残な死を大写しにしているので超オススメとはいかないが、主演女優さんはいい俳優さんだった。
posted by ミッキー at 08:25| Comment(0) | 映画祭・映画関連催し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月17日

最後の3分でノックアウトされた 12月8日公開『暁に祈れ』

🎬『暁に祈れ』ジャン=ステファーヌ・ソベール監督/イギリス、フランス/117分/12月8日よりヒューマントラストシネマ渋谷、新宿他にて全国順次ロードショー公開


タイで自堕落な生活から麻薬中毒者となってしまったイギリス人ボクサーのビリー・ムーアは家宅捜索により逮捕されて、タイでも悪名高い刑務所に入れられる。殺人、喧嘩、汚職がはびこる刑務所で、ビリーはムエタイとの出会いによって人生が変化していく。


東京の試写で観た作品だが、始めに配給の方が「タイの監獄にようこそ!」と言われたので笑いが起こった。

ほとんどというか90%タイの牢獄の中だ。タイの刑務所の様子がたっぷり映し出されるが、これが非常に不衛生。大きな部屋の床に肩がふれんばかりにズラーっと寝かされて雑魚寝以上の狭さ。

ここから元ボクサーだった男・ビリー・ムーア(ジョー・コール)が抜け出すには、ボクサーチームに入ることだ。ボクサーチームは同じ刑務所内でも待遇がうんと違うので必死だ。

ずっと暗い暗い映像が続くので、まるで観ているミッキーも囚人のように「太陽が見たい、そとの空気がすいたい」と思うようになった。

字幕もほとんどなくて、試写でなければ逃げ出していたに違いないが、最後の3分でガツーンとやられた。ムエタイの足げりにあったようにガツーンと来たのだ。でもそれは「キモ」なので公開を待ってほしい。


⭐️原作者はビリー・ムーアさん。いいところで出演もなさっている。
posted by ミッキー at 18:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月16日

主役は、故郷を走る電車 🚃 11月23日公開『えちてつ物語 わたし、故郷に帰ってきました。』11月30日公開『かぞくいろ ーRAILWAYS わたしたちの出発ー』

🎬『えちてつ物語 わたし、故郷に帰ってきました。』児玉宜久監督/109分/11月23日より有楽町スバル座他にて全国順次ロードショー公開

お笑いタレントを目指し上京した山咲いづみ(横澤夏子)。だがコンビを結成しても全く売れず解散は時間の問題。そんな時、友人の結婚式に出席するため故郷の福井県へ帰郷。その披露宴で出会ったえちぜん鉄道の社長・越智(笹野高史)からえちてつの客室乗務員試験を受けてみないかと言われる。

故郷には、血のつながりのない兄・吉兵(緒形直人)の家族が住む実家で居候させてもらうが、いづみは自分が養女だというわだかまりがあって、兄との関係はよくない。

新しい職場でもなかなかうまくいかず厳しい毎日だったが、整備士の南部(辻本祐樹)が、落ちこんだいづみの心をほぐしてくれて……。


半年に2度も事故を起こし運行停止になってしまった京福電鉄。2003年に住民の声で第三セクター「えちぜん鉄道」として復活させた話を、一人の女性が家族と人生の再出発を始める話を盛り込んだストーリー。

主演はお笑いタレントの横澤夏子さん。ワケあってこの家に赤ちゃんの時にもらわれて来た。そこには彼女の知らない過去もあるが兄も嫁さんもとっても気を使ってくれている。

彼女は、最初のお給料出るまでここに居させてというが、お嫁さんがここはあなたの家よ、ずっとみんなで暮らしましょうよ。と優しい……今時、こんな嫁いないと思いつつ、これも福井県人の優しさかなと嬉しくなった。

路線に♨芦原温泉があった。撮影地探訪も夢じゃない。お美しい乗客に松原智恵子さん。ふと、今日も乗っていらっしゃるのではと感じる。


🎬『かぞくいろ ーRAILWAYS わたしたちの出発ー』吉田康弘監督晶/120分/11月30日より新宿ピカデリー他にて全国ロードショー公開


昌(有村架純)は、夫の連れ子・駿也(歸山竜成)と東京で暮らしていたが、夫の急死で生活は一変。血のつながりのない駿也と2人で、夫の故郷・鹿児島へ向かう。わけあってまだ会ったことのない義父の節夫(國村隼)を訪ねるが……。


普通なら夫の実家に行って「あなたの孫です。自信を持って育てることができないので……」となるだろうに、昌と駿也との絆は固い。亡き夫の幼い時からの願い「肥薩おれんじ鉄道」の運転手になりたかった夢を昌自身がかなえていくという物語。

この電車会社には義理の父親がベテラン運転手として厳しく指導される。このベテラン運転手の國村隼さんのアナウンスのお声が魅力的で、路線には「日奈久♨温泉駅」もあって、こっちにも福岡の映画祭のついでに乗ってみたい路線だ。
posted by ミッキー at 07:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする