2018年10月18日

秋の夜長をDVDで「エルストリー1976 新たなる希望が生まれた街」「グレース・ケリー 公妃の生涯」

昨日は家事を頑張った。その後夕方になって散歩に出たついでにDVD屋によって「エルストリー1976 新たなる希望が生まれた街」 「グレース・ケリー 公妃の生涯」を借りた。晩に2本みたが、とても興味深いドキュメンタリー作品だった。

🎥「エルストリー1976 新たなる希望が生まれた街」ジョン・スピラ監督

こんな映画が公開されていたとは知らなかった。1976年に『スター・ウォーズ』のエキストラ(鉄製のロボットのようなものの中に入る)の10人のキャストたちがインタビューに答えるドキュメンタリー映画。

みんな自分が演じたフィギュアを持って当時の思い出に浸っていた。『スター・ウォーズ』ファンでご覧になっていない方は是非DVDでご確認いただきたい。

ミッキーは『スター・ウォーズ』に関して詳しくないが、映画製作の裏話、その後の彼らの人生がうまく編集されていっときも飽きることはなかった。

🎥 「グレース・ケリー 公妃の生涯」ジーン・フェルドマン監督 1987年

グレース・ケリーの幼い頃からハリウッド女優時代を経て、モナコ王妃に。交通事故でお亡くなった時のお葬式の様子までを描いたドキュメンタリー映画。1時間ぐらいのDVD。

4年前公開されたニコール・キッドマン主演の『グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札』とともにDVDでご覧になる事をオススメしたい。
posted by ミッキー at 12:23| Comment(0) | DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする