2018年10月16日

少女は不安と恐怖の中で震える 10月20日公開『テルマ』

スタジオジプリの好奇心「熱風」10月号に日本語に関するインタビューがあった。今はあまり使われなくなって、若者はほとんど理解していない言葉に「大つごもり」「シミーズ」「つねる」が出ていた。

興味をもったので調べてみたら かわや(トイレ) チョッキ(ベスト) 南京豆(ピーナッツ) てんかふん(ベビーパウダー)ズロース(パンツ 今のスラックスのことではない)とっくりのセーター(タートルネック) 寄り合い(集会)……

ミッキーが言って、娘たちに「何、それ」と聞かれたのは「おみおつけ」味噌汁のこと、「ごんか、ふかんで」わがままいわないでの意味で、15歳から住んでいた瀬戸方面の方言らしい。「マッチ切る」デートの約束をする、「シッコ、まってくる」おしっこしてくる など瀬戸方面に住んでいる時よく聞いた。


🎬『テルマ』ヨアキム・トリアー監督/ノルウェー、フランス、デンマーク、スウェーデン/116分/10月20日よりヒューマントラストシネマ有楽町他にて全国順次ロードショー公開

舞台はノルウェーの人里離れた田舎町。少女テルマ(エイリ・ハーボー)は信仰心が深い両親に育てられていた。

そんなテルマは、オスロの大学に通うため田舎町から離れて、寮で一人暮らしを始めた。見るもの聞くものみんな新鮮で快適な生活がはじまったが……。


最初のシーンから度肝をぬかれた。遅刻してこのシーンを見逃すなら次回にするべし!だ。ホラー度としてはそう高くないが、不思議、不気味、先が見えない、そういう点なら満点に近い。

これ、説明や評を書くと興味が半減(どころか全減)だから、 あえて書かないが、北欧の空気感が漂っていて、主役のノルウェーの若手女優・エイリ・ハーボーが繊細な役を演じていた。

☆監督さんはラース・フォン・トリアーの甥にあたる方。
posted by ミッキー at 12:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月15日

『ムタフカズ』ミッドランドスクエアシネマ2にて

🎬『ムタフカズ』西見祥示郎 、ギヨーム“RUN”ルナール監督/フランス、日本/94分/ミッドランドスクエアシネマ2にて

犯罪者と貧乏人の住む街 DMC(ダーク・ミート・シティ)で育ったアンジェリーノことリノ(声:草g剛)は、ガイコツ頭の親友ヴィンス(声:柄本時生)とボロアパートで一緒にくらしている。頭が少しのんびりモードで臆病な友人ウィリー(声:満島真之介)と3人で毎日ダラダラと過ごしていた。

そんなある日、リノはピザ屋の配達バイト中、まるで天使のように美しい少女ルナ(声:上坂すみれ)にひと目惚れ。その直後、交通事故にあう。それからというもの奇妙な幻覚を見るようになり、黒服の男たちや警官に命を狙われるようになって……。


ムタフカズ なんて変な題名だ。アニメと聞いて驚いたが『鉄コン筋クリート』のスタッフが作っていると聞いて観に行った。声の出演も名だたる人気男優さんだからイマイチ気が乗らなかったが、ミッキーの勘はピタリ!と当たった。

草g剛さんは7割がた棒読み…、他の2人はまあまあ。端役や悪者で声優さんがやってるところは、ずんと声が深い。

ストーリーや画像の色目はなかなかの渋さで、ゴキブリを愛を込めて飼っているところなどユニーク。入りはけっこう良くてきっと草g剛さん目当てで来ていると思う。まあ、ファンの方は是非だけど……。

☆ムタフカズは「Motherfucker」という意味。
☆ネットでフランス語音声を聞いたが、フランス人リノの声と草g剛さんの声質は似ているが彼の台詞回しがよくない。
posted by ミッキー at 15:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月14日

DVD『狼よさらば』

「戦争拒否 11人の日本人」を読み終えた。一章ごとに感慨無量にさせられた。特に「3 戸籍を消した男」「5 ある台湾人兵士の密航」は死にたくない、殺したくないという願いがこめられていた。やはり短い項に分かれていた方が負担がなく、気に入ればもう一度読む時も便利だと思って古本屋に行ったが、買ったのはまたまた長編もの。

マイケル・ギルモア著村上春樹訳の「心臓を貫かれて」を選んだ。ハードカバーで重い本だ。年内に読めるだろうか心配だ。


DVD『狼よさらば』マイケル・ウィナー監督/アメリカ/94分/1974年

都市開発会社の設計技師であるポール・カージー(チャールズ・ブロンソン)は、ニューヨークの高級アパートに妻ジョアンナ(ホープ・ラング)と住んでいた。一人娘キャロル(キャサリン・トーラン)は結婚して近所に住んでいる。

そんなある日、娘キャロルの夫ジャクソン(スティーヴン・キーツ)からジョアンナとキャロルが何者かに襲われて救急病院に運ばれたという電話を受けた。病院に行ってみると妻は死亡、娘は暴行されて意識が朦朧としていた。

妻の葬式にはなんとか出た娘だったが、その後、精神病院に入った。今までの生活が根底から覆された。ポールは会社に戻り仕事をすることで辛さを紛らわす他はなかった。

そんな彼を見た上司がテキサスのツーソンでの新しい都市開発計画の仕事をしないかと持ちかけてきた。話にのった彼はツーソンにいき、偶然にも銃を手にする機会を得て……。


ミッキーのブログを読んでくださっている「ねんねこさん」からDVDを貸していただいた。

今週末公開する『デス・ウィッシュ』は「狼よさらば」のリメイク版。時代が42年ほど前だから、都市開発設計技師は救急外科医師になっているし、娘は結婚していなくて大学入学が決まっている設定。時代的に納得いく変え方だ。

DVDの小さな画面でも一度も止めたり巻き戻したりせずに見入った。終わり方も気に入った。それにも増して、彼がドンパチドンパチ小悪者をやっていたのに「兵役拒否者」の経歴の持ち主だったことだ。

読み終えたばかりの「戦争拒否 11人の日本人」にも通じることもあって、当時のアメリカの「良心的兵役拒否」を調べる糸口になった。

公開される『デス・ウィッシュ』と「狼よさらば」を見比べると時代の変わりようも見られるのでオススメしたい。それと、オコア警部のヴィンセント・ガーディニアさんのちょうど良い太り具合が懐かしい……。
posted by ミッキー at 04:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする