2018年09月02日

「アジアフォーカス・福岡国際映画祭2018」のお知らせ

今月14日から23日まで アジアフォーカス・福岡国際映画祭2018が開催される。「福岡から優れたアジア映画を世界に発信し、新しい才能を発見、育成する」をスローガンに毎年開かれている。詳しくは http://www.focus-on-asia.com

上映作品の中で以前観たもので最高に面白い作品を紹介したい。


🎬『大仏+』ホアン・シンヤオ監督/台湾/104分


仏像制作会社の夜間警備員をするツァイプー(チュアン・イーツェン)の楽しみは仕事の合間にテレビやポルノ雑誌を見ることだった。

いつも暇な友だちが夜中こっそり警備室に遊びに来て二人で過ごしていたが、その友だちが、社長の新しく買い換えた外車についている監視カメラをこっそり取り出して社長の行動を面白半分で見ようと言いだした。

臆病なツァイプーは躊躇したが一回だけと言って見てみると、社長と若い愛人のカーセックスの映像や声なども聞けたので味をしめた二人はちょくちょく楽しんでいた。

だが、ある時、その映像に目を疑う衝撃的な事件が映っていて……。



台北映画祭グランプリ受賞作! だけあって、ミッキー好みのサスペンス風味で、しがない貧乏人と富める者の差が浮き彫りにされていた。

仏像といってもとてつもなく大きな大仏で首の角度を少し動かすにもクレーンで注意深く組み立てていく。発注した宗教団体は大伽藍を建築して何千人の人が集まっていて、シーンと静まりかえった時に思いがけないことが起こるのだ。

脚本もストーリー展開もよく最後のオチには「こうくるか !! 」と、唸ってしまった。
posted by ミッキー at 00:03| Comment(0) | 映画祭・映画関連催し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする