2018年08月25日

42歳の童貞男、フィリピンに嫁探し 9月14日公開『愛しのアイリーン』

イギリス映画『スターリンの葬送狂騒曲』を観た。久しぶりに気が利いた邦題で、シリアスとコメディーの割合も良かった。 史実か?想像か?とところどころ疑問に感じながらも実際のお名前が出てくるので、まさかロシアで上映しない(上映禁止 ❗️)と思うので英語で良かった。


いとも簡単に殺していたところだけは「事実」なので半分以上(もっとかな ?)は本当のことだろう。それにしてもスターリンさんは自分の粛清のために「腕のいい医者」がいなくて死を早めたが、自業自得だ。

あと少しの上映期間だが、これは台詞に味わいがあるのでDVDでも楽しめるはず。


🎬『愛しのアイリーン』吉田恵輔監督/137分/9月14日よりTOHOシネマズ シャンテ他にて全国ロードショー公開

地方の山村のパチンコ屋で働く宍戸岩男(安田顕)は40歳過ぎても独身。母親のツル(木野花)と認知症の父親(品川徹)と暮らしている。

職場の同僚でシングルマザーの愛子さん(河井青葉)に気があるが女性経験がなく口下手な岩男はどうすることもできないでいた。

楽しみといえば夜中にエロビデオを見て一人Hをして慰めている。それを隣部屋からそっと覗くツルさん……。


田舎で農業も少しやっていて長男と来れば嫁の来てはない。ましてやあんな変わった母親がいるからなおさらだ。

本人の引っ込み思案な性格も「無口」ではなおさら嫁は来ない。でも結婚した〜〜いからフィリピンにいって嫁をもらって来た。うるさい母親や親戚に相談したって話は進まないのは明らか。その行動力は認める。

日本人から見るとフィリピンから嫁をもらうことは「苦肉の策」「最後の最後の手」だろうが、フィリピーナのアイリーン(ナッツ・シトイ)にとっては「来てやった!」「だから実家に毎月送金は当たり前」と来る。 片言の日本語がかわいいアイリーン。

吉田恵輔監督にしては「異常さ」が過剰になっているのが気になった。(前作の『犬猿』はミッキー絶賛作品だが)
posted by ミッキー at 08:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする