2018年07月22日

お待たせしました❗️花開くコリア・アニメーション2018+アジア in 名古屋のおしらせ(8月4、5日)

“花コリ”の愛称で親しまれ、名古屋での開催は9回目となる「花開くコリア・アニメーション2018+アジア」。本年も韓国インディペンデント・アニメーション協会、シネマコリア、愛知県美術館の共催により、8/4(土)・5(日)の両日、愛知芸術文化センター12階アートスペースEFにて開催。

上映するのは、韓国とアジアの短編アニメーション38本! 韓国のインディーズ・アニメーション映画祭「インディ・アニフェスト」最新上映作から厳選した韓国短編29本を、テーマごとに分け「場+幻想」「記憶+時間」「心+体」の3プログラムで、また同映画祭のアジアコンペ部門上映作から9本の秀作短編をアジア短編プログラム「アジアへの扉」としてお届けする。

韓国からのゲストは、脱北した若い女性2人の現在の思いを綴ったドキュメンタリー『花咲く手紙』のカン・ヒジン監督です。また、米アカデミー賞にノミネートされた話題作『Negative Space』のマックス・ポーター、桑畑かほる監督の短編3作品を特別上映し、桑畑監督をよく知る伊藤裕美さんによるトークを開催。

本年は愛知淑徳大学と協同し、字幕翻訳など学生参加プロジェクトもスタート。日韓の若き才能が集う空間“花コリ”を期待していただきたい。


■スケジュール

8/4(土)
 13:00 短編プログラム1「場+幻想」(8作品/69分)+上映&トーク「カン・ヒジンの世界」
 ゲスト:カン・ヒジン(短編プログラム1『花咲く手紙』監督)

 15:15 短編プログラム2「記憶+時間」(10作品/68分)

 16:45 短編プログラム3「心+体」(11作品/67分)

 18:15 アジア短編プログラム「アジアへの扉」(9作品/65分)


8/5(日)
 12:00 アジア短編プログラム「アジアへの扉」(9作品/65分)+上映&トーク「ボーダーを越える作家たち」
 ゲスト:伊藤裕美(オフィスH代表)

 14:30 短編プログラム3「心+体」(11作品/67分)

 16:00 短編プログラム2「記憶+時間」(10作品/68分)

 17:30 短編プログラム1「場+幻想」(8作品/69分)

■チケット
(当日券のみ) 1プログラム 一般1,000円 高大生500円 中学生以下無料

■会場
 愛知芸術文化センター 12階 アートスペースEF 地下鉄・東山線または名城線「栄」駅下車、徒歩3分

■公式サイト http://anikr.com/

■チラシ http://anikr.com/2018/img/common/NagoyaFlyer2018.pdf

■予告編 https://vimeo.com/252813901
posted by ミッキー at 01:46| Comment(0) | 映画祭・映画関連催し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする