2018年07月28日

『ウインド・リバー』

静養?のために1週間伊豆でのんびりしようと思ったが、最初の2日間は東京に来た。観たい試写やシネマート新宿の韓国映画新作や新宿シネマカリテの「カリコレ」ひかれての上京だ。

静養第一だから無理は禁物でと心得て2〜3本にとどめておきたい。
この頃、チケットを買っても体がえらくなったら観ずに帰る時もある。なら買わなければいいが、満員札止めになる可能性もあるので予定のものは買うようにしてる。

カリコレなどは特にその傾向が強く、もったいないと思わないでもないが「買って安心」している。


昨日、試写で観たい2作品は2ヶ月先だが印象深いものだった。

1969年。アメリカ・ペンシルベニアに住む冴えない高校生ジェイミーが「ライ麦畑でつかまえて」に大感動してそれを舞台にしたいと許可をもらいに居どころがわからない作家・サリンジャー探しにでかける『ライ麦畑で出会ったら』

そしてもう1つは

趣里主演で菅田将暉が準主演の『生きてるだけで、愛。』これは試写室に驚きの声や涙を堪えきれない鼻水すすりが聞こえたほど「痛い感動」作品だった。


🎬『ウインド・リバー』テイラー・シェリダン監督/アメリカ/107分/シネマート新宿にて


雪深いアメリカのネイティブアメリカンが追いやられた土地「ウインド・リバー」で、地元のベテランハンター・コリー(ジェレミー・レナー)が少女の死体を見つけた。

新人捜査官ジェーン・バナー(エリザベス・オルセン)が一人だけFBIから派遣されるが、慣れない雪山の厳しさに捜査は難航する。お手上げのジェーンは遺体の第一発見者であるコリーに協力を求め事件を追うが、そこには思いもよらなかった結末が……。


隔絶された地に少女の死体……この事件の担当は若い女性捜査官だから男たちは「やっぱりな」と目配せしていた。極寒の地に来る格好ではない。女性捜査官はある女性のものを全部借りて冬装備にして、コリーと現場に行こうとすると、服を貸した老婆は「絶対に返しなよ!」ときつく言う。

この台詞には数年前から起こっている少女たちがレイプされる事件の存在が浮かんでくる。脚本がよく練られていた。

監督は『ボーダーライン』『最後の追跡』でアカデミー賞脚本賞に連続ノミネートされた方で、初監督作品だ。

実際にこんな何にもないところで、どうやって暮らしているのかと思わずにいられない。住めば都という言葉もこの地では通じないだろう。目を背けたいシーンもあったが、最後のひと言で救われて素晴らしい余韻に浸れた。
posted by ミッキー at 04:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月27日

壁は強大な武器になる!8月4日公開『バンクシーを盗んだ男』

熱射による皮膚アレルギーになった。なんにもかまれていないのにむき出しになっている腕がピリピリとして痒い。少し赤みがかっている。

それを娘にいうと流水で洗い流してパパウクリーム(オーストラリアのオロナイン)をぬってね。きっとあまりの暑さだから軽い皮膚アレルギーだよと教えてくれた。異常な暑さだから身体もいつもと違うし、精神的にも余裕がなくなってしまうのが怖いが、今のところ身体だけだ。


🎬『バンクシーを盗んだ男』マルコ・プラゼルピオ監督/イギリス、イタリア/93分/8月4日よりヒューマントラストシネマ渋谷他にて全国順次ロードショー公開

パレスチナ・ヨルダン西岸地区にあるベツレヘム。紛争地域のその場所にはパレスチナとイスラエルを分断する「高さ8メートル、全長450キロ」の巨大な壁が存在する。

その壁にバンクシーが描いた「ロバと兵士」。その絵がパレスチナの住民たちの反感を買い、絵が描かれた壁はタクシー運転手のワリドによって切り取られてしまう。ワリドはその壁画をオークションに出品して売却しようとするが……。


2011年に『イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ』バンクシー監督/アメリカ、イギリス/90分のドキュメンタリーを観た。

この映画は、世界のグラフィティ・ストリート・アーティスト(道端や建物に落書きする芸術家)を撮影し続けた男・ティエリー・グエッタが、いままで誰も接触する事ができなかったバンクシーを偶然撮影できるようになったところから始まる。

ティエリーの映画は完成するが、バンクシーの「君もやってみたら?」の一言で、バンクシー自身もご本人も想像しなかった「軒先を貸したはずが、母屋まで」という展開で、バンクシー監督作品となる。仕組まれたことなのか、偶然なのかはわからない。

道端の芸術家たちの現場は、製作ポイント探しと逃げ足の速さで、最高にユーモアと臨場感あふれたドキュメンタリー!

壁に切り絵を貼り付け、さっとカラースプレーして貼り付けた紙を取るだけの簡単な作業だが、とてもインパクトがあった。

以上がその時の感想。


新作で何回も登場するロバと兵士は、ロバの持つ「紙」を、イスラエル兵がチェックしている絵でイスラエル政府に対して皮肉を込めている。この皮肉がバンクシーの持ち味だが、怒った地元住民が壁面を切り取ってオークションへかけてしまうというドキュメンタリー。

バンクシー作品が持ち去られてしまえば、その場所に描かれた本来の意味を失ってしまうのが残念だが、それを一瞬でも現地で見た人にとっては運の良い最高の喜びになるだろう。

☆音楽は現代のシンセサイザーと郷愁を誘う民族楽器が使われていた。今年必見のドキュメンタリー。
posted by ミッキー at 08:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月26日

落ちて、落ちて、落ちまくる「イーサン」8月3日公開 『ミッション:インポッシブル フォールアウト』

昨日、名古屋西口・シネマスコーレでやっている『カメラを止めるな!』が満員札止めで『未来はミライ』にまわったが、これが良くなかった。

麻生久美子さんの鼻声、アニメ画像よりセリフが目立って、アニメの印象が薄い。音楽の音量?も少し大きめで、セリフの内容も相まってイライラ。

体調も良くないので途中退場。アニメの声で女優さんの顔が浮かぶのはいただけない。他の方は違和感なしだった。(麻生久美子さんは好きな女優さんだが)

来月公開の『ペンギン・ハイウェイ』の蒼井優さんは違和感なかった。アニメキャラクターとお顔の骨格が似ているからだろう。


🎬『ミッション:インポッシブル フォールアウト』クリストファー・マッカリー監督/アメリカ/8月3日よりTOHOシネマズ日本橋他にて全国ロードショー公開

盗まれた3つのプルトニウムを奪還するミッションを遂行したイーサン・ハント(トム・クルーズ)は引き渡しの時の思わぬアクシデントで、仲間の救出優先がたたり、何者かによってプルトニウムを再び奪われてしまう。

核爆発が起こるのを未然に防ぐために新たなミッションが下される。手がかりはジョン・ラークという男の名前とホワイト・ウィドウと呼ばれる謎めいた女の存在だけ。

しかもイーサンの今までの行動で疑いを持ったCIAが、エージェント・ウォーカー(ヘンリー・カビル)を監視役に送り込んできて……。


イーサンの仲間は、ITと変装名人のベンジー(サイモン・ペッグ)、ハッキング担当のルーサー(ヴィング・レイムス)、紅一点のMI6のスパイ・イルサ(レベッカ・ファーガソン)たち。個性的で腕の立つメンバーだ。

全編、見所満載のオンパレードだが、特に終盤のヘリコプター・チェイスは必見。トム・クルーズさんは2000時間のヘリコプターの訓練をして免許を取得、プロでもやりたがらない「きりもみ」飛行にもスタントなしで挑んだ。

☆副題の「フォールアウト」の意味を調べてみた。予期しない余波、とか、放射性物質の塵の意味があった。


posted by ミッキー at 00:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする