2018年06月19日

感想をいただきました。『トウキョウ・リビング・デッド・アイドル』 by ねんねこ

🎬『トウキョウ・リビング・デッド・アイドル』熊谷祐紀監督/82分/中川コロナにて

アイドルユニット「TOKYO27区」のセンター・神谷ミク(浅川梨奈)がゾンビに噛まれてしまう。噛まれた者は72時間後にゾンビとなってしまうため、即座に強制収容されるのだ。が、ゾンビ化を止める血清の噂を知ったミクは逃亡を図り、藁にも縋る思いで駆け込んだ探偵社の犬田(尚玄)と共に、警官や街に溢れるゾンビたちから逃れつつ、血清を求めて奔走する。一方、凄腕の女子高生ゾンビハンター・如月(星守紗凪)もミクを執拗に追っていた…。


お久しぶりです。映画もアイドルも大好きなねんねこです。私ねんねこが一番好きな ゙アイドルユニット″がモーニング娘。'18なのは広く知られていることですが(どこで!?)、そのモー娘。のフクちゃんと並んで、゙個人″で最も好きなアイドルが、主演の浅川梨奈さんです。SUPER☆GiRLSのメンバーとしてのアイドル活動に留まらず、゙1000年に一度の童顔巨乳″と称されるグラビアクイーンとしての活躍も目覚ましく、その上さらに映画出演もすでに10本ほどになります。昨年はアイドル女優の登竜門『人狼ゲーム』シリーズ『〜マッドランド』でも主演を務めていますが、女優としての評価を高めたのは『14の夜』でしょうね。

さて、その映画に『万引き家族』や『友罪』とかのクオリティーを求めるのは無理な話だとしても、「くだらない、時間のムダ!」なんて考えちゃいけません。(この映画がそうだという意味ではないですよ。)どんな映画だってどうせ観るんだったら楽しまなきゃ損だ!ってハナシです。

ねんねこの場合『トウキョウ・リビング・デッド・アイドル』は自分のミューズの主演映画なので、それだけでもう目が幸せだから良いんですが、別になぁぽん(浅川梨奈さんのことです)のファンでない人はどうなんでしょうか?
大丈夫。いや、大丈夫かどうかは判りませんが…例えば、この映画には ゙わかる人にはわかるウケポイント″が散りばめられていました。ちょっとネタバレになってしまうけど、トーストを口にくわえたまま「遅刻するぅ〜!」と走る女子高生!アニメとかに出てきそうだけど、実生活では見たことありません。以前「推定少女」というデュオのなんかのPVで観たきりの ゙それ″が登場します。
ミクに「童顔〜」「巨乳〜」と呻きながら迫り来る(おそらく元ファンの)ゾンビたちにも笑えます。
ゾンビウィルスについて語るマッドサイエンティストが度々映し出されますが、これはもうあまりにも有名な ゙あの映画″に出てくる ゙あの人″でしょうね。ちなみに ゙あの人″の方はマッドサイエンティストではありませんよ。
他にもいろいろ気がついてみてください。

尚、ミクと共に「TOKYO27区」のメンバーとして出演しているのは、モエ役の阿部夢梨さん(SUPER☆GiRLS)と、ユリ役の尾澤ルナさん(元・SUPER☆GiRLS)の二人。オープニングから三人の歌と踊りが観られます。

それと、ねんねこと同じく ゙なぁぽんファン″の方、お聞き逃しなく!
映画観賞者には入場時に生写真が一枚プレゼントされますよ〜!

では またなぁぽん〜!
posted by ミッキー at 10:04| Comment(0) | 感想をいただきました | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする