2018年06月18日

キスも餃子も熱いのがいい 6月22日公開『キスできる餃子』

朝から地震のニュースで大阪の姉に電話したり友人にラインしたり大騒ぎだ。伊豆高原はほとんど揺れなかったのでNHKのニュースまで知らなかった。シドニー娘は昨日まで大阪にいたので1日前倒しで伊豆に来ていて本当に助かった。

今日は予定どおり、明日シドニーに帰る娘と一緒に伊豆高原駅近くの温泉施設に来ている。ここのウリは泥パックだ。灰色の粘土を体にぬりつけたり、頭髪につけて地肌マッサージしたりするのが有名。ゆっくり寝られるところも本も漫画以外も豊富なので千円(クーポンで900円)は安いと思う。



🎬『キスできる餃子』秦建日子監督/100分/6月22日より新宿ピカデリー他にて全国ロードショー公開

人気ゴルファーの岩原亮(田村侑久)は不甲斐ない試合が続いて、ケガを理由にしてマスコミから逃げるように姿を消した。

その頃、藤田陽子(足立梨花)は夫に浮気され、少ない慰謝料で離婚。しかもパートは首、家賃も払えない状態になって一人娘の美咲を伴って宇都宮の実家に帰ることにした。

駆け落ち同然で故郷を出てから父親(浅野和之)とは連絡も取っていなかったが、実家の餃子の店「ふじた」は廃業しましたという紙が貼ってあって……。


軽いノリで気軽に楽しめる作品。その道で有名な人でも興味ない人にとって無名の人。ミッキーもいつもいく喫茶店のパパ、ママ、常連さんからよく「え〜、こんな有名な人、知らないの?」とよく言われる。

実家の餃子屋の再建と子育て、餃子作りの奮闘の毎日の陽子は偶然に新聞配達のイケメン青年(田村侑久)に出会い、恋に落ちるのだが、始めは彼が有名とは知らない。彼の方も「僕を知らない人の方が気楽だ」と自然に仲良くなるという筋書き。

特別、どうってことないストーリーだが、タイトルの「キスできる餃子」を食べに宇都宮に行ってみたくなった。
posted by ミッキー at 11:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする