2018年06月11日

消防界のネイビーシールズ 6月22日公開『オンリー・ザ・ブレイブ』

昨日は歩いて10分たらずの名古屋109シネマズにアニメ『あさがおと加瀬さん』を観に行った。女の子同士の淡い恋物語。一人は可愛い女の子で園芸すき、もう一人はスポーツ選手で男の子っぽい。男の子っぽいアニメ声優さんが「いかにも」で最後まで違和感があった。
終わり方も「えっ、これで終わるの?」と、途中まで声以外ではまあまあだったが、くいたりない気分で帰った。

アニメ映画にはアニメの予告がたくさん流れたが『ペンギン・ハイウェイ』の予告が良かった。声の出演が蒼井優さん。予告を見る限りでは違和感はなかった。


🎬『オンリー ・ザ・ブレイブ』ジョセフ・コシンスキー監督/アメリカ/134分/6月22日よりTOHOシネマズ日比谷他にて全国ロードショー公開

麻薬や女遊びで自堕落な生活をしていた若者・マクドナウ(マイルズ・テラー)はちょっと前に別れた恋人が妊娠したことを知った。荒れた気持ちになって悪事を働き逮捕されたり、母親に家を追い出されたり散々なマクドナウだったが、生まれ変わる気持ちで森林消防隊の新人募集の案内を見て応募する。

評判の悪いマクドナウを隊員たちは良い顔しないが、隊長ので指揮官のマーシュ(ジョシュ・ブローリン)は「人として生まれ変わりたい」という彼の言葉を信じて雇い入れたが……。


もう6年前になるがシドニーのセントラル駅から一泊旅行に娘と2人で行った時、列車の窓から煙が舞い込んで来た。どんどん煙の量が多くなるので荷物を持ったり、他の人の様子を伺ったりしたが、誰もが知らん顔している。

その様子を見て周りの方が「どこかで山火事だよ。心配ない、いつものことだ」と教えてくれた。ええっ、山火事🔥……いつものこと ? と、もうびっくり仰天したことがある。

だからミッキーはこのアメリカの山火事映画を興味津々で観た。この大きな山火事の前に彼らの消防技術で素早く鎮火する山火事が3回ほど起こる。その手際よさや日頃の訓練で培ったものが発揮されてマクドナウの頑張る姿も見ることができた。

だが、歴史に残るほどの山火事では……思い出すだけで涙が出てくる。
posted by ミッキー at 07:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする