2018年05月19日

今日、5月19日公開『ダリダ あまい囁き』『ありえなさ過ぎる女 被告人よしえ』(名古屋初日)

🎬『ダリダ あまい囁き』リサ・アズエロス監督/フランス/127分

1933年、エジプトのカイロに住むイタリア系移民の家庭に生まれたダリダ(スベバ・アルビティ)は美しく育ち、 ミス・エジプトに輝いた。その後、歌手としてデビュー、わずか2ヶ月でヒットを飛ばし一躍スターになったが、彼女の私生活は順風満帆とはいかなかった。

フランスの歌姫・ダリダを調べてみた。とっても美しい方だ。ダリダを演じるスベバ・アルビティさんは有名な女優さんではないが、顔の形、鼻筋がよく似ている。そして歌声も声量がたっぷりで聴き惚れてしまった。

アルビティさんはオーディションの時に「灰色の道」を選んで歌ったとプレス資料に書いてあったが、たくさんの歌の中でミッキーもこの歌が大好きになった。

彼女の人生で、本当に幸せと感じた時はあったのだろうか。人気が頂点にあっても、私生活では何か彼女の表情に陰があった。反対にスポットライトが当たると満面の笑みで恋の歌を歌う……。そんな彼女をぎゅっと抱きしめてあげたい気持ちになった。


🎬『ありえなさ過ぎる女 被告人よしえ』北村誠之監督/83分/伏見ミリオンにて

3人の男を殺害した容疑で逮捕された佐野よしえ(浅香あき恵)は還暦をむかえた中年女。殺されたのは20代、30代、40代のイケメンで裕福な男ばかり。調べていくうちに3人から借金もしていて、そのいざこざから殺したのではないかと誰もが思っていたが、新人弁護士の綾子(光宗薫)は面会を重ねるうちに……。

吉本興行グループが企画する映画は必ず観ている。時々、めちゃくちゃ面白いのを作るからだ。この作品も超オススメ。東京では4月から始まっているが1ヶ月以上遅れて、名古屋初日、それも1日1回上映だ。

会場はお一人様が多く、思わぬ展開に、笑い、小さな叫び声、感心したようなため息があがった。

主役の憎々しげな浅香さんはすごい女優さんだ。『犬猿』のお姉さん江上敬子さんも芸人さんだったが、上手かった。

こんな「無理矢理」の道理が通ってしまう法廷サスペンス。内容は劇場でお確かめいただきたい。
posted by ミッキー at 20:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする