2018年04月27日

刈谷日劇で「ハル・ハートリー復活祭」開催のお知らせ

今年になって2回、刈谷日劇におじゃましているミッキー。この小さな映画館でニューヨークのインディーズの名匠・ハル・ハートリーの初期作品を4本上映される。ミッキーはゴールデンウイークは毎年恒例のイタリア映画祭だが、6日の二本は是非観たいと思っている。あらすじなどを調べてみた。

★上映日
4月28日から5月6日

★料金 1作品1500円

★上映作品と日時

🎬『トラスト・ミー』107分/4月28日から5月2日の「夕方5時」

高校を中退したマリア(エイドリアン・シェリー)は16才。両親に妊娠したことを告げ、怒る父(マルコ・ハント)にマリアがはむかって叩くと父は心臓発作で死ぬ。母ジーン(メリット・ネルソン)は彼女を家から追い出されてしまう。

マシュー(マーティン・ドノヴァン)はコンピューター技師。テレビ工場に勤めていたが上司と衝突して辞める。そんな若い2人が出会って……。


🎬『ヘンリー・フール』137分/4月28日〜5月2日の「夜7時」

ニューヨーク、クイーンズ地区。内気な青年サイモン(ジェームズ・アーバニアク)は、セックス狂の姉フェイ(パーカー・ポージー)と鬱病の母メアリー(マリア・ポーター)を養うためゴミ収集人をして生活していた。そんなある日、彼の前に謎めいた浮浪者ヘンリー(トーマス・ジェイ・ライアン)が現われて……。


🎬『フェイ・グリム』118分/5月3日〜5月6日の「夕方5時」

夫ヘンリーが行方不明となり、シングルマザーとして息子ネッドを育てていたフェイに、CIAが接触。国家機密が隠されているというヘンリーの手記を手に入れるために、スパイとしてヨーロッパに赴く。

🎬『ネッド・ライフル』85分/5月3日〜5月6日の「夜7時から」

ヘンリーとフェイの息子ネッドは18歳になった。自分たち母子の不幸の元凶である父ヘンリーに復讐しようと決意、叔父サイモンの詩に執着する風変りな女性スーザンと父親捜しの旅に出る。

詳しくはhttp://kariyanichigeki.com
posted by ミッキー at 08:42| Comment(0) | 映画祭・映画関連催し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする