2018年03月30日

『ミッドナイト・ランナー』シネマート新宿にて

けさ、東京の映友Nさんからメールをいただいた。『空海〜』字幕はTOHOシネマズ新宿も上映してることを教えてくれた。ありがたいことだ。

🎬『ミッドナイト・ランナー』キム・ジュファン監督/韓国/108分/新宿シネマートにて

四年制の警察大学で勉強と訓練を始めて2年目になる楽天・行動派のギジュン(パク・ソジュン)と分析・頭脳派のヒヨル(カン・ハヌル)は正反対の性格だったが、入学以来ずっとなんだかんだと言いながらも気の合う2人だった。

そんな2人が外出先で偶然にも拉致現場を目撃する。車のナンバーや拉致された女の特徴も日頃の訓練で培った能力で警察に通報するが、大きな事件で忙しい時に重なったり、証拠不十分でまともな捜査はしてくれなかった。

警察学校の授業で「7時間以内」の捜査が重要と聞かされてきた2人は、居たたまれなくなって2人が協力して捜査を始める……。

韓国映画に勢いがあるのは今に始まったことではないが、『ミッドナイト・ランナー』はずっと走り詰め、格闘詰めの映画だ。警官にはまだなっていない学生だが、捜査の知識だけは授業が厳しいので「頭でっかち」にあるが、本当の事件などは一切経験がない。もう、即座に知恵を絞って犯人アジトに迫る。

嫌みのない若手俳優さんを見ると「私がもっと若かったら……」などとは思わず「こんなのイケメン孫ちゃんがいたらいいなぁ〜」と思ってしまうミッキー。

会場はシネマートの大きい方の劇場でウィークデーのお昼に4割入っていた。終わってから出てくる若い女性のグループが「もう一回観る?」と聞いていて「同じ日じゃなくて土日にもう一回来る」と言ってた。おばちゃんより若い女性が多かった。

☆キム・ジュファンの次回作は『サジャ』。この『ミッドナイト・ランナー』がよかったのですぐ決まったらしい。主演は韓国の名優・アン・ソンギさん。
posted by ミッキー at 22:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする