2018年03月31日

2018年3月のブログ・リスト

3月1日はベストテン発表日 ‼︎ 読者の方、映友の方からいただいた2017年ベスト映画をアップ‼︎
http://mikki-eigazanmai.seesaa.net/archives/20180301-1.html
3月1日 福岡在住のFさん。福岡アジアフォーカス映画祭では連日美味しいお店に連れてってくださる映友さんのベストテン
3月1日 元気いっぱいのママさん 猫の2017ベストテン
3月1日 2017年の映画で一言(…か二言三言か四…) ねんねこのベストテン+?
3月1日 名古屋ミニシアターシネマスコーレのスタッフ。3D 作品の特集上映企画担当伊藤さんのベストテン
3月1日 旧作の方があれこれ書きたい作品が多かった生田さんのベスト9
3月1日 2017年・たった1本が貴重な1本となった『セールスマン』 東京都在住 井上弘章
3月1日 名探偵コナンの「真実はひとつ」が虚しい 2017年690本のベストテン 城下玲(名古屋・読者)
3月2日『シェイプ・オブ・ウォーター』名古屋栄センチュリーシネマにて
http://mikki-eigazanmai.seesaa.net/article/457325060.html
3月3日 砂塵の舞う大地で 3月17日公開『馬を放つ』
http://mikki-eigazanmai.seesaa.net/article/457396524.html
3月4日 エロ 雑誌編集長の半生は💥級 3月17日公開『素敵なダイナマイトスキャンダル』
http://mikki-eigazanmai.seesaa.net/article/457498669.html
3月5日 名古屋・シネマスコーレの3D作品企画担当 伊藤新悟さんの3D体験記
http://mikki-eigazanmai.seesaa.net/article/457548301.html
3月5日 気になるアカデミー賞の行方とミッキーの予想
http://mikki-eigazanmai.seesaa.net/archives/20180305-1.html
3月6日 大人も子どもも、赤ちゃんだって楽しめる 3月21日(水曜祝日)公開『ボス・ベイビー』
http://mikki-eigazanmai.seesaa.net/archives/20180306-1.html
3月7日 シネマスコーレで 不思議な映画を2つ観た 『リーディング〜エドガー・ケイシーが遺した、人類の道筋。〜』『幻の湖』
http://mikki-eigazanmai.seesaa.net/archives/20180306-1.html
3月8日 3月10日公開2作品『ザ・キング 』『彼の見つめる先に』
http://mikki-eigazanmai.seesaa.net/archives/20180308-1.html
3月9日『聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア』『ザ・ボルト』シネ・リーブル梅田にて
http://mikki-eigazanmai.seesaa.net/archives/20180309-1.html
3月10日 大阪アジアン映画祭2018 オープニングセレモニーとオープニング作品 『朴烈(パクヨル)植民地からのアナキスト』
http://mikki-eigazanmai.seesaa.net/archives/20180310-1.html
3月11日 日中国交正常化45周年記念 中国映画祭「電影2018」 『《芳华》YOUTH 』
http://mikki-eigazanmai.seesaa.net/archives/20180311-1.html
3月12日 大阪アジアン映画祭 (1)『パンツ泥棒』『ニュートン』
http://mikki-eigazanmai.seesaa.net/archives/20180312-1.html
3月13日 中国映画祭「電影2018」『無言の激昂』『ライスフラワーの香り』
http://mikki-eigazanmai.seesaa.net/archives/20180313-1.html
3月14日 大阪阪アジアン映画祭 (2)『パキ』『どこでもない、ここしかない』
http://mikki-eigazanmai.seesaa.net/archives/20180314-1.html
3月15日 大阪アジアン映画祭 (3)『大大ダイエット』『パパとムスメの七日間』
http://mikki-eigazanmai.seesaa.net/archives/20180315-1.html
3月16日 大阪アジアン映画祭(4)『川流の島』『牌九(パイゴウ)』
http://mikki-eigazanmai.seesaa.net/archives/20180316-1.html
3月17日 大阪アジアン映画祭 (5)『ポッピー ハリウッドに行く Redux』『ネオマニラ』
http://mikki-eigazanmai.seesaa.net/archives/20180317-1.html
3月18日 元女優の泣き演技に、待った! がかかる 3月24日公開『見栄を張る』
http://mikki-eigazanmai.seesaa.net/archives/20180318-1.html
3月19日 大阪アジアン映画祭授賞作品
http://mikki-eigazanmai.seesaa.net/archives/20180319-1.html
3月20日『時間回廊の殺人』『愛の病』名古屋シネマスコーううレにて
http://mikki-eigazanmai.seesaa.net/archives/20180320-1.html
3月21日 元バレリーナ、「闇」に踊る 3月30日公開『レッド・スパロー』
http://mikki-eigazanmai.seesaa.net/archives/20180321-1.html
3月22日 見知らぬ乗客を探せ 3月30日公開『トレイン・ミッション』
http://mikki-eigazanmai.seesaa.net/archives/20180322-1.html
3月23日 心拍が語る愛と青春の物語 3月24日公開『BPM ビート・パー・ミニット』
http://mikki-eigazanmai.seesaa.net/archives/20180323-1.html
3月24日 イタリア映画祭2018のお知らせ アンコール上映『多様な目』
http://mikki-eigazanmai.seesaa.net/archives/20180324-1.html
3月25日『デイヴィッドとギリアン 響きあうふたり』とDVD「シャイン」
http://mikki-eigazanmai.seesaa.net/archives/20180325-1.html
3月26日 DVD「ユージュアル・ネイバー」
http://mikki-eigazanmai.seesaa.net/archives/20180326-1.html
3月27日 DVD「スペイン一家監禁事件」
http://mikki-eigazanmai.seesaa.net/archives/20180327-1.html
3月28日 インド発スポ根映画 主演はアーミル・カーン!4月6日公開『ダンガル きっと、つよくなる』
http://mikki-eigazanmai.seesaa.net/archives/20180328-1.html
3月29日 基地の街・大和市を舞台に 4月7日公開 『大和(カリフォルニア)』
http://mikki-eigazanmai.seesaa.net/archives/20180329-1.html
3月30日『ミッドナイト・ランナー』キム・ジュファン監督/韓国/108分/新宿シネマートにて
http://mikki-eigazanmai.seesaa.net/archives/20180330-1.html
3月31日 2018年3月 ブログ・リスト
http://mikki-eigazanmai.seesaa.net/article/458486797.html
posted by ミッキー at 08:20| Comment(0) | ブログ・リスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月30日

『ミッドナイト・ランナー』シネマート新宿にて

けさ、東京の映友Nさんからメールをいただいた。『空海〜』字幕はTOHOシネマズ新宿も上映してることを教えてくれた。ありがたいことだ。

🎬『ミッドナイト・ランナー』キム・ジュファン監督/韓国/108分/新宿シネマートにて

四年制の警察大学で勉強と訓練を始めて2年目になる楽天・行動派のギジュン(パク・ソジュン)と分析・頭脳派のヒヨル(カン・ハヌル)は正反対の性格だったが、入学以来ずっとなんだかんだと言いながらも気の合う2人だった。

そんな2人が外出先で偶然にも拉致現場を目撃する。車のナンバーや拉致された女の特徴も日頃の訓練で培った能力で警察に通報するが、大きな事件で忙しい時に重なったり、証拠不十分でまともな捜査はしてくれなかった。

警察学校の授業で「7時間以内」の捜査が重要と聞かされてきた2人は、居たたまれなくなって2人が協力して捜査を始める……。

韓国映画に勢いがあるのは今に始まったことではないが、『ミッドナイト・ランナー』はずっと走り詰め、格闘詰めの映画だ。警官にはまだなっていない学生だが、捜査の知識だけは授業が厳しいので「頭でっかち」にあるが、本当の事件などは一切経験がない。もう、即座に知恵を絞って犯人アジトに迫る。

嫌みのない若手俳優さんを見ると「私がもっと若かったら……」などとは思わず「こんなのイケメン孫ちゃんがいたらいいなぁ〜」と思ってしまうミッキー。

会場はシネマートの大きい方の劇場でウィークデーのお昼に4割入っていた。終わってから出てくる若い女性のグループが「もう一回観る?」と聞いていて「同じ日じゃなくて土日にもう一回来る」と言ってた。おばちゃんより若い女性が多かった。

☆キム・ジュファンの次回作は『サジャ』。この『ミッドナイト・ランナー』がよかったのですぐ決まったらしい。主演は韓国の名優・アン・ソンギさん。
posted by ミッキー at 22:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月29日

基地の街・大和市を舞台に 4月7日公開『大和(カリフォルニア)』

今日から上京。もちろん青春切符。駅々のプラットホーム沿いにある🌸桜見物も兼ねている。行きと帰りが5日間でも違う趣があるので嬉しい。予定では伊豆高原に行くので伊豆急行のプラットホームからも🌸を見たい。

今回は特に大きなメインはないが31日土曜の晩に
★たった一人の医師が4万人以上を治療!『女を修理する男』有料試写(1000円)

たった一人の医師が4万人以上の性暴力被害にあった女性・少女を治療してきた真実のドキュメンタリー。その医師の名はノーベル平和賞受賞有力候補でコンゴ人婦人科医のデニ・ムクウェゲ医師。 https://www.cinemo.info/movie_detail.html?ck=58

★それと渋谷の「未体験ゾーンの映画たち」で、『空海―KU-KAI―〜」の中国スター ・ホアン・シュワン主演『ミッション:アンダーカバー』も、この日一回上映で時間がバッティングしている。どっちを選ぶか迷いに迷っている。

🎬『大和(カリフォルニア)』宮崎大祐監督/日本・アメリカ・オランダ・台湾/4月7日より新宿・K's cinema他にて全国順次ロードショー公開

神奈川県大和市。この町は戦後米軍厚木基地と共に発展してきた。厚木基地の住所は「カリフォルニア州に属している」と、まるで都市伝説のように語られていた。

この町に住む十代の少女・サクラ(韓英恵)は高校に行かないで、気ままにラップの練習をしたり、土地の不良と喧嘩したりで、外でも家でも孤立していた。

彼女には働き者の母(片岡礼子)と兄(内村遥)がいる。そこに、母の元彼である米兵の娘レイ(遠藤新菜/日本とアメリカのハーフの設定)がカリフォルニアから遊びに来ることになって…。

殺伐とした街が広がっている。そこに住む母、兄、サクラの家族の毎日が描かれているが、アメリカ人の元彼の娘が遊びに来るという設定が基地という土地柄を表していて特異な作品となっていた。

母と子らにとってレイとの血の繋がりは無しなのに、おおらかというかフレンドリーな母親の存在が良い意味でとても気になった。

韓英恵さんの疑り深い目線、純真でかつ自分をしっかり見つめているレイ。この2人の新鮮な存在がとても眩しく感じた。

posted by ミッキー at 08:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする