2018年02月20日

『悪女/AKUJO』センチュリーシネマにて

🎬 『悪女/AKUJO』チョン・ビョンギル監督/韓国/124分/センチュリーシネマにて

幼い頃に目の前で父親を殺されたスクヒ(キム・オクビン)は犯罪グループの殺し屋として育てられた。やがて育ての親ジュンサン(シン・ハギュン)を愛するようになって結婚する。

だが、まもなくジュンサンが対立する組織によって殺されてしまう。彼女は復讐の鬼となって、1人敵対するアジトに乗り込み、敵を殲滅するが国家組織に逮捕される。

しかし、10年後には自由にすると言われ、国家直属の暗殺者となるために「暗殺者養成施設」に入る。


公開されてから気になっていたが、時間が合わなくて今日になってしまった。

悪女と言うからには色気をもちいて男をたぶらかし……とかってに想像していたがとんでもない勘違いだった。

悪女ではない。悪女にならないと生きて行けない運命で、訓練された身体を武器に戦う女性だ。

1人で何人もの敵を殺しまくるシーンは観ている者の身が硬くなるほどで、狭い廊下での格闘シーンはどこからカメラを向けていたかと思うほど臨場感があった。

主演のキム・オクビンさんは、アクションスクールで特訓を受けて、ナイフ、銃、日本刀、機関銃、斧などの武器の扱いも訓練して70日間の撮影に挑んだ。

この作品は、スタントマンの道を挫折したという監督さんならではの「人生リベンジ」映画となったわけだ。
posted by ミッキー at 23:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする