2018年02月19日

『コンフィデンシャル/共助』『エターナル』TOHOシネマズ 名古屋ベイシティにて

🎬『コンフィデンシャル/共助』キム・ソンフン監督/韓国/125分

北朝鮮の刑事リム・チョルリョン(ヒョンビン)はアメリカドル偽造の組織を追うために車の中で待ち受けていたら、愛する妻が夜食を持ってこっそりきてくれた。ちょうどその時に上司の裏切りで仲間と妻を目の前で殺さてしまう。韓国へ逃亡したその組織を捕まえるため、北朝鮮はチョルリョンをソウルに送り込む。

一方、韓国側は首寸前の庶民派刑事カン・ジンテ(ユ・ヘジン)をリム刑事の担当にして、南北の合同捜査を極秘に進めるが……。

韓国と北朝鮮の刑事が合同捜査するという、オリンピックの今、本当にタイムリーな作品。

南北が追い求めるのはアメリカドルの「偽札の型」。実際に偽札や麻薬の噂はかの国から聞こえてくるだけあって、水面下でやっている秘密の場所のシーンも、そこで采配を振るう兵士たちも納得のいく展開だった。

上品な美形・ヒョンビンと崩れた(失礼)魅力のユ・ヘジンの関係の変化が見どころ。カーアクションは『操作された都市』が上、納得度は『共助』が上。

🎬『エターナル』イ・ジュヨン監督/韓国/97分/2回目

証券会社の支店長であるカン・ジェフン(イ・ビョンホン)は将来、英語ができるようになってほしいという願いがあって妻と幼い息子をオーストラリアのシドニーに住まわせていた。仕事が忙しいのでもう2年になるが一度もあっていない。

だが勤務先の証券会社が不良債権を売り出したためにジェフンは何もかも失ってしまう。彼は無性に妻子に会いたくなって、離れて暮らす妻のスジン(コン・ヒョジン)と息子に会うためオーストラリアに行くが……。

2回目も堪能した。新人監督さんと聞いて本当にびっくりした。そしてイ・ビョンホンに主演をと決めたことで大成功している。切ない映画だけれど、毎日普通の生活を送っている、それだけで本当はうーんと幸せなんだと実感させてくれる作品だった。

愛知県ではこの映画館ぐらいしかやっていないが是非とも足を伸ばしてご覧いただきたい。
posted by ミッキー at 19:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする