2018年02月13日

トーキョー ノーザンライツ フェスティバル 2018(4)『オルハイム・カンパニー』

昨日、シドニーの娘が夫婦で映画に行くとラインが来たので、感想送ってね、と頼んだらすぐに返信があった。

★オーストラリア映画はだいたい見ているが、いまだかつてanimal kingdomやpredestinationを超えるものはなく、なかなかgreatと呼べるものに出会えない。だから、期待値は低く、1/25に公開したsweet contryも旦那が観に行きたいと言うので付き合った次第。

「sweet country」
1929年のオーストリア。白人の退役軍人に殺されそうになったアボリジニのサムは、正当防衛でその白人を殺してしまう。そこからサムと妻の逃走劇が始まる…。太陽が照りつくアウトバックの中を逃げさまよい、それを追いかける警官たち。

スクリーンいっぱいのオーストラリアの大自然は美しい••••が、シドニーはただいま夏真っ盛り。この日は26度とそこまで暑くはなかったが、このアウトバックの中の逃亡シーンが無駄に長く感じ、観ているだけで喉が乾いてしまった。

良かった点は、アボリジニに対する人種差別がある中、正義や法は平等であったのは救いだったこと。それと、印象的に残ったのは、おみやげ屋でも売ってるアボリジニのブーメランで人を落馬させて殺すシーン。アボリジニは、ブーメランでカンガルーもしとめていたと同僚がおしえてくれた。星5つ満点で、星3つ、といったところ。

🎬『オルハイム・カンパニー』アーリル・アンドレーセン監督/ノルウェー/104分/2012年/日本初上映

しばらく疎遠になっていた父の死の報を受けて、婚約者を連れて故郷に戻るヤーレ。その道中で父ヨーネル(クリストッフェル・ヨーネル)との辛い過去を思い出していた。


題名の意味がわからない。父親は妻や一人息子を「自分の理想の家族にしよう」と必死で一致協力を強いる。酒を呑むとその支配が強まり、母親にひどい暴力を振るう。

酔いが覚めると後悔して謝るという繰り返しで、ようやく息子が高校生に離婚出来たが、父親と暮らすことを選んだヤーレだったが、二人暮らしはいままで以上の酒乱や言いがかりの連日で、とうとうヤーレも離れていく……

そんなことを思い出しながら、葬儀所につくが、待ち受けていた母親が「来てくれた人たちの前で挨拶するが、あまり酷いことは言わないで」と懇願するが「僕は嘘を言うつもりはない!」と断る。

だが意外にも、来る人、来る人が父親に話を聞いてもらった、お父さんには親切にしてもらった、とてもいい人だった、あなたのこと、大学に入ったと喜んでいたわ、と息子に向かって口々に言うのだ。

ミッキーも驚いた。外面がいい男だったのだろうか。一人暮らしになってかわったのかわからない。

しかし、最後で息子が挨拶する言葉で涙が溢れた。特別な言葉を使わないで皆にお礼をいうだけなのに、込み上げてくるものがあった。

『愛せない息子』同様、父親息子のギクシャクしたストーリーだが、どこの国でも起こりえる不偏的なことを、どの場面も手を抜かず描かれていたからこそ、何でもない挨拶に涙したと思う。

posted by ミッキー at 02:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする