2018年02月22日

大杉漣さんとの思い出

昨日、映画の会合があって9時ごろに家についた。テーブルに買い物をした袋をドサッと置くとテレビのリモコンにふれてついてしまった。しばらくそのままにしていたら「大杉漣さん急死」のニュースが飛び込んで来た。いつも娘たちからニュースをもらうがこの時ばかりは娘たちにすぐラインした。

最期のブログは「愛猫」に語りかける内容だったと思うが、その猫ちゃんを見てハッとなった。あの時の猫だ あいち国際女性映画祭で上映時に観た大森美香監督『ネコナデ』の小さい子猫に違いないと思った。大杉さんは撮影が終わってからもご自宅でかわれていたと聞いたことを思い出した。

大杉さんの履歴を調べたらこんなにもたくさんお仕事をなさっていたのかと改めて驚いた。長編では『ネコナデ』『棚の隅』、少しだけ出ていらっしゃる映画では『この世の外でークラブ進駐軍』『小川町セレナーデ』が忘れられない……ご冥福を心から祈りたい。

娘からのラインより
大杉さんを囲む会みたいなのがウィルあいちであって、人が集まらないから好きなら参加して、となったが、人が集まったので私の参加は取り消されて、その代わり楽屋に通され、サインをいただいたの。
「○○○ちゃん、いい名前だね」といって、サインに「ありのまま」と書いてくれたよ。

posted by ミッキー at 10:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月21日

スイッチイング・抱腹絶倒❗️ムービー 2月24日公開『レオン』

🎬『レオン』塚本連平監督/100分/2月24日より新宿バルト9他にて全国ロードショー公開

大企業・食品会社「朝比奈フーズ」で働く派遣社員・小鳥遊玲音(知英)は、顔立ちはいいが心配性でネクラのせいか同僚から相手にされない存在。

たまたま社内の男性と恋愛関係になるが、それを「あの女も落とせた」などと数の自慢の種にされて失意のところに、派遣切れという踏んだり蹴ったりの憂き目にあう。

一方、朝比奈フーズを率いるワンマン社長の朝比奈玲男(竹中直人)は、美人女性社員にセクハラ行為を繰り返していたが、小鳥遊玲音がクビになった日に、セクハラ社長と彼女は自動車事故にあってお互いの心が入れ替わってしまった。

大倉かおりと清智英のコミックを実写化したコメディー。

クビになった派遣女子社員と女好きでワンマン社長の心が入れ替わったことで起こる騒動を、暑苦しい雰囲気の中年オヤジ竹中直人と引っ込み思案のメガネ美人(自分の美しさに気づいていない)の知英さんが演じる。

知英さんと聞いてもミッキーは知らなかった。韓国出身でテレビドラマで活躍していたスッキリ型の美人さん。スタイルも抜群で背も高く身のこなしもいい。

見た目は竹中直人ワンマン社長で、心は乙女だから、自覚するまでがとっても面白い。一方、肝心の心が乙女で身体が竹中直人ワンマン社長は事故の影響でしばらく気を失って入院中だから、心・乙女は1人で右往左往するのだ。

そこのところが一番インパクトがあって笑いのツボだ。竹中直人はいつもは余り激しい動きをしないがこの作品では、いつもの演技力➕身体能力で彼の持ち得るものを全開させて役に挑んでいた。

会社という場で、人は自分の意見を堂々と言えない立場の方が多い、言ったら摩擦も起きてくる。そういう不満を持っているサラリーマンさんたちに「日頃の憂さ晴らし」➕知英さんの「変化する美しさ」で楽しんでもらいたい。
posted by ミッキー at 07:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月20日

『悪女/AKUJO』センチュリーシネマにて

🎬 『悪女/AKUJO』チョン・ビョンギル監督/韓国/124分/センチュリーシネマにて

幼い頃に目の前で父親を殺されたスクヒ(キム・オクビン)は犯罪グループの殺し屋として育てられた。やがて育ての親ジュンサン(シン・ハギュン)を愛するようになって結婚する。

だが、まもなくジュンサンが対立する組織によって殺されてしまう。彼女は復讐の鬼となって、1人敵対するアジトに乗り込み、敵を殲滅するが国家組織に逮捕される。

しかし、10年後には自由にすると言われ、国家直属の暗殺者となるために「暗殺者養成施設」に入る。


公開されてから気になっていたが、時間が合わなくて今日になってしまった。

悪女と言うからには色気をもちいて男をたぶらかし……とかってに想像していたがとんでもない勘違いだった。

悪女ではない。悪女にならないと生きて行けない運命で、訓練された身体を武器に戦う女性だ。

1人で何人もの敵を殺しまくるシーンは観ている者の身が硬くなるほどで、狭い廊下での格闘シーンはどこからカメラを向けていたかと思うほど臨場感があった。

主演のキム・オクビンさんは、アクションスクールで特訓を受けて、ナイフ、銃、日本刀、機関銃、斧などの武器の扱いも訓練して70日間の撮影に挑んだ。

この作品は、スタントマンの道を挫折したという監督さんならではの「人生リベンジ」映画となったわけだ。
posted by ミッキー at 23:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする