2017年08月31日

2017年8月 ブログ・リスト

8月1日 詩人が主人公(3)『空と風と星の詩人〜尹東柱の生涯〜』
8月2日 カリコレ in 名古屋で『サバイバー・リベンジャー』
8月3日 白旗はあげない ! 8月19日公開『ギフト 僕がきみにのこせるもの』
8月4日 イザベル・ユペールさん出ずっぱり 8月25日公開『エル ELLE』
8月5日 今日、8月5日公開 初めて会った男性に❤️『スターシップ9』『エブリシング』
8月6日 岐阜ロイヤル劇場で『野獣刑事(デカ)』
8月7日 「ハートアンドハーツ・コリアン・フィルムウィーク」より『あの人に逢えるまで』『春の夢』『バッカス・レディ』
8月8日 肉球モフモフとハイタッチ 8月26日公開 『ボブという名の猫 幸せのハイタッチ』
8月9日 家族と他人の狭間で 8月26日公開『幼な子われらに生まれ』
8月10日 緊迫感に圧倒された!8月12日公開『ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦』 『きっと、いい日が待っている』
8月12日 コミケ『ギミー・デンジャー』
8月13日 東京映画三昧デー(1)キネカ大森で『肉弾』『陸に上がった軍艦』
8月14日 東京映画三昧デー(2)カリコレ『フィアー・インク』『ゲージ・ダイブ』
8月15日 東京映画三昧デー(3)カリコレ『静かなる復讐』『さよなら、ぼくのモンスター』
8月16日 東京映画三昧デー(4)K's cinemaで『チャルカ〜チャルカ〜未来を紡ぐ糸車〜』
8月17日 東京映画三昧デー (5)カリコレで1日上出来!3本『クロージング・ナイト 地獄のゾンビ劇場』『キャットファイト』『コンボイ』
8月18日 東京映画三昧デー(6)今日、8月18日公開『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか? 』
8月19日 東京映画三昧デー (7)渋谷アップリンクでドキュメンタリー2作品『コスタリカの奇跡〜積極的平和国家のつくり方〜』『オラファー・エリアソン視覚と知覚』
8月20日 インド映画『裁き』
8月21日 日系アメリカ人禅僧ヘンリ・ミトワの生涯9月2日公開『禅と骨』
8月22日 感想をいただきました『アリーキャット』by 香
8月23日『ベイビー・ドライバー』名古屋109シネマズにて
8月24日『きっと、いい日が待っている』
8月25日 最悪コンビで大逃亡 !! 9月1日公開 『スキップ・トレース』
8月26日 闘った男の生涯 『米軍(アメリカ)が最も恐れた男 その名は、カメジロー』
8月27日 9.11を内側から描く 9月9日公開『ナインイレブン 運命を分けた日』
8月28日 岐阜 ロイヤル劇場で『HOUSE ハウス』
8月29日 最強の笑顔で演じるオマール・シー 9月9日公開『あしたは最高のはじまり』
8月30日 疑心暗鬼の中で裁く 9月9日公開『三度目の殺人』
8月31日 2017年8月のブログ・リスト
posted by ミッキー at 00:44| Comment(0) | ブログ・リスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月30日

疑心暗鬼の中で裁く 9月9日公開『三度目の殺人』

🎬『三度目の殺人』是枝裕和監督/124分/9月9日より東宝系映画館にて全国ロードショー公開

勝ちにこだわる弁護士・重盛(福山雅治)は、30年前にも「殺人」の前科がある三隅(役所広司)の弁護を行き掛かり上、渋々引き受けた。

三隅はクビになった工場の社長を惨殺、川べりで死体にガソリンをまいて火を付けた容疑で起訴された。犯行も自供しており、ほぼ死刑が確定していて「負け」は決まっているような事件だった。

しかし、三隅と顔を合わせるうちに重盛の考えは変化していく。三隅の犯行動機への疑念を一つ一つ調べて向かい合う重盛だったが……。


『そして父になる』の福山雅治と是枝裕和監督コンビの法廷サスペンス。題名からして「犯罪」「犯人探し」映画と思うが、裁判劇で全編描かれている。一回目の試写では消化しきれず二回目でやっと概要がつかめた。

今までの是枝監督作品とは違う「ニヒル」さが際立っている。相手によって証言を変える三隅に翻弄される「勝ち」慣れした弁護士。二人が対峙する面会シーンは圧巻。全編に笑いは皆無で、あるのは疑念だけ。

一方、裁判を進めて行く裁判官、弁護士、検察官とのやり取りに鳥肌がたった。これが現実のことならこれほど怖いものはないと思った。

二回目でやっと三度目の殺人の意味がわかった……。
posted by ミッキー at 10:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月29日

最強の笑顔で演じるオマール・シー 9月9日公開『あしたは最高のはじまり』

昨日は大阪から戻り、4時からの試写『ラストレシピ〜麒麟の舌の記憶〜』を観て、夕方に家に着いた。ゆっくりお湯に浸かり爆睡した。

そして今日、右肩に鈍痛が出たのでマッサージを予約してから、いつもの喫茶店喫茶店に行くと、テレビで「北朝鮮からのミサイルが日本を飛び越えて太平洋上に落ちた」というニュースをやっていた。

今朝の6時ごろだよ、とパパが教えてくれたが、コーヒーを飲む前に一変に目が覚めた。マッサージの掛かり付けの先生ともこの話題になってしまった。

家に帰ってテレビをつけると予定の番組はやっていたが、画面の横にいつもこのニュースが張り付けてあった。

カチンコ『あしたは最高のはじまり』ユーゴ・ジュラン監督/フランス/117分/9月9日より新宿ピカデリー他にて全国ロードショー公開

プレイボーイのサミュエル(オマール・シー)は、南フランスのコートダジュールで観光客相手にヨットに乗せる仕事をしながら毎日を楽しんでいた。

ある日、突然、彼の前に少しの間、体の関係を持ったクリスティン(クレマンス・ポエジー)が現れて、生後間もない赤ん坊グロリアを、あなたの実の娘だと言ってそのまま娘を置いてどこかへ行ってしまう。

困ったサミュエルは、赤ん坊を抱えてて、彼女の住むロンドンに行くが……。

オマール・シーの魅力はもちろんだが、他にもロンドンの町並み、縁あって一緒に住むようになったゲイのベルニー(アントワーヌ・ベルトラン)家の子ども部屋の設え、彼の新しい職業・スタントマンの仕事裏事情、グロリアの可愛い表情……と、たくさ〜んある。

だが、きっとこうなるんだろうなぁという予測は外れた。もっと深くて重い一人の男性の数年間の人生を描いていた。この展開は意外だった。

そのストーリーの持っていき方がちょっと現実離れしている点もあるが、そこはオマール・シーさんの魅力で帳消しになった。
posted by ミッキー at 20:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする