2015年11月30日

2015年11月〜ブログ・リスト

2015年11月〜ブログ・リスト 

11月1日『徘徊マリリン 87歳の夏』
11月2日『ムーン・ウォーカーズ』
11月3日『エール!』
11月4日DVD「ダーティー・ハリー」
11月5日『黄金のアデーレ 名画の帰還』
11月6日『ミケランジェロ・プロジェクト
11月7日『起終点駅ターミナル』
11月8日『ライフライン』
11月9日『カミーユ、恋はふたたび』
11月10日『ブロンソン』
11月11日『放射線を浴びたX年後 2』
11月13日『グリーン・インフェルノ』
11月14日『サクラメント 死の楽園』
11月15日『新幹線大爆破』
11月16日『1001グラム ハカリしれない愛のこと』
11月17日『無頼漢 乾いた罪』『隠密な計画』
11月18日『ホワイト・ゴッド 少女と犬の狂詩曲(ラプソディ)』
11月19日『ステーキ・レボリューション』
11月20日『杉原千畝 スギハラチウネ』
11月21日『I LOVE スヌーピー THE PEANUTS MOVIE』
11月22日『恋人たち』
11月23日『レインツリーの国』『帰ってきたMr.ダマー バカMax!』『劇場霊』
11月24日『妻の病−レビー小体型認知症−』『ゆめのほとり−認知症グループ福寿荘−』
11月25日『A FILM ABOUT COFFEEア・フィルム・アバウト・コーヒー』
11月26日『リザとキツネと恋する死者たち』
11月27日『ヴィオレット−ある作家の肖像−』
11月28日『愛を語れば変態ですか』
11月29日『亜人-衝動-』『ハーモニー』『ガールズ&パンツァー劇場版』
11月30日 ブログ・リスト 
posted by ミッキー at 08:18| Comment(0) | ブログ・リスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月29日

名古屋109でアニメ三昧『亜人-衝動-』『ハーモニー』『ガールズ&パンツァー劇場版』

🎥『亜人-衝動-』宮野真守総監督、安藤裕章監督/105分

高校3年生の永井圭(声:宮野真守)は、母親の希望どおり将来は医者を目指し脇目もふらず勉強漬けの日々を送っていた。
そんな彼は、下校中に瀕死の交通事故にあうが数分後には蘇生。これによって国内3人目の不死の新生物「亜人」であることが知れ渡る。

その場を逃げ出した彼だが、自宅周辺はマスコミ陣で大騒ぎ。思案の末、母親の言い付けで疎遠になっていた幼なじみの海斗(声:細谷佳正)に助けを求めた。

暗い画面で動きも早くない。顔の表情や背景に現実感があった。「亜人」とわかれば、警察や厚生労働省や管理委員によって捕獲作戦が行われる。この時点で、捕獲=人間ではない。「不死の亜人」と日本国政府との戦いと、日本にいる数人の亜人の目論みも描いている。

生き返るまでの時間の中「痛み」は続き、もがき苦しむという宿命もある。今まで、生き返る=ゾンビは定説だったので、新鮮な気持ちで観ることができた。声優さんは皆◎。

🎥『ハーモニー』なかむらたかし、マイケル・アリアス監督/120分

世界規模で被害にあった「大災害」の後、その反動で健康と調和を求める医療社会に変わっていった。そんな偽りの世界に反発した御冷ミァハ(声:上田麗奈)は、彼女のカリスマ性に魅せられた2人の少女たちと自殺。

13年後、ミァハと自殺をしたが、生き残った霧慧トァン(声:沢城みゆき)は、戦場の最前線で平和維持活動をしていた。そんな時に、数千人の犠牲者を出す大事件が起こり、犯行グループの声明の中に死んだはずの御冷ミァハの面影を見たトァンは・・・。

哲学的な文言の多い作品。会場は20代以上の女性が多かった。

超高度医療社会となった近未来を舞台なので、レストランに入って注文するのも、例えば「カラアゲ定食」と注文すると「今日の油摂取量オーバー、煮魚定食ならOK」という按配。ケーキのショーケースを見るとカロリーや内容物が空間のパソコンで提示されるなど、至れり尽くせり。

こう書くと面白い作品と思うが、内容は激しく難しい。でも脚本は◎で理解できた。完成度が高い作品だけど、残念なのことが2つ。トァンの声優さんの「シ」の発音が「スィ」になっていた。これは若い女優さんにも見受けられる。もう一つ残念なのは最後の方の合唱(声のばらつきがある)とエンディングの歌が良くなかった。

🎥『ガールズ&パンツァー劇場版』水島努監督/119分

戦車を使った武道「戦車道」が乙女のたしなみとされている世界が舞台。そして戦う場所は大洗町。

これ、3本の中で一番😀面白かった。会場はほぼ満席。男子&男性9割、もちろんおばぁはミッキーだけ。かわいいお顔のキャクターにアニメ声の女子高生たちが青春をかけて戦車操縦。

優雅にお茶タイムもあって、一人ひとりの個性もある。戦いシーンは意外に激しく、戦車もいろんなのが出てくる。男性の好みのツボ「乙女と闘争心」をがっちり押さえているアニメ。
posted by ミッキー at 04:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月28日

キッスで世界を変える!11月28日公開『愛を語れば変態ですか』

🎬『愛を語れば変態ですか』福原充則監督/73分/11月28日公開

郊外の住宅街で明日開店するカレー屋の準備をする夫(野間口徹)と妻あさこ(黒川芽以)。幸せいっぱいの二人だ。

そんな時、バイト志願者が来る。人手が一番ほしい時だが、どうも会話がちぐはぐで思い込みも激しいために断ることにしたが、当人はもう働く気満々。

そこに、嫌みにもレトルトカレーを開店祝いに持ってきた妻の浮気相手の若者が「忘れられない…」と言って店の前で涙ながらに身もだえする。そんな騒動の中、もう一人、やくざ紛いの中年男が人を殺して奪ってきたと大金を妻に見せて、一緒になろうと懇願する。

あ〜、妻は悪女か詐欺女か、はたまた色情狂か…。出てくる人、全部普通じゃない。舞台劇のような作品だが、各々が言ってる理屈はオカシイが、聞いていると「それも一理ある…」と思えてくることばかり。

ま、中には揚げ足取りのような屁理屈もないとは言えないが、キャラクターと屁理屈が妙にマッチして😆面白いのだ。

あさこを演じた黒川芽以のはじけぶりが🌟可愛い! 


posted by ミッキー at 20:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする