2015年09月30日

70歳の新人はアドバイス上手 10月10日公開 『マイ・インターン』

今、帚木蓬生(ははきぎ ほうせい)の「悲素」を読んでいる。

内容は、多くの犠牲者を出したあの和歌山県の砒素中毒事件。地元の刑事からの要請で「九州」から一人の毒物研究の権威でもある医師が現地に向かう…。

九州に「」を付けたが、「柔らかくてコシがある福岡のうどんを食べなれている私」というくだりがあった。数日前の福岡滞在に毎日、毎日うどんを食べたミッキー。

この本が大好きになった!もちろん内容も深い。この作者の中でも一番面白い。毒物の特質、歴史も詳しく、夢中で読み進めている。


映画(かちんこ)『マイ・インターン』ナンシー・マイヤーズ監督/アメリカ/121分/10月10日より丸の内ピカデリー他にて全国ロードショー公開

ファッション業界で急速に成長した会社が、福祉事業としてシニア・インターンを雇うことになった。

社長は若くて美しい女性ジュールズ(アン・ハサウェイ)、雇われたのはスーツ姿にも人生の甘辛が滲み出ているベン(ロバート・デ・ニーロ)。年齢は70。

若いスタッフばかりの職場で、しかも若い人向けのファッションを扱っている会社で浮いている存在のベンだったが…。


こんなに穏やかでジェントルマンなデ・ニーロさんは始めて!今までこんな役柄なかったような気がする。とても楽しんで演じていらっしゃるように感じた。

私生活もなかなかきっちりしていて掃除も行き届いているのも気に入った。設定では前の職業は電話帳の印刷会社。絶対、絶対、間違いは許されない厳しいお仕事のせいか、気配り、目配りが「インターン」どころか「アドバイザー」級。

あ、若くて美しい社長さんのバタバタ気味(調子がいい時はいいが、一つつまずくと大変になる)の仕事ぶり、私生活のガンバリぶりも痛々しくってショッキング男女平等が看板のアメリカでも、こんなに大変とは思わなかった。

家庭と仕事を両立されている、(あ、子育ても)女性の方に、是非観ていただきたい。
posted by ミッキー at 01:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月29日

父の心が暴走する…10月3日公開『罪の余白』 福山&吹石光るハート

福山&吹石ニュースはミッキーと娘のラインでも異例の長さでやり取りした。娘の友人は寝込んでしまったらしい。
ミッキーとしては福山より西島秀俊さんの時の方がショック度は大きかった。でも福山&吹石は写真だけでも「いいご夫婦になりそう」と思った。

映画(かちんこ)『罪の余白』大塚祐吉監督・脚本/120分/10月3日よりTOHOシネマズ新宿他にて全国ロードショー公開 

名門女子高に通う安藤加奈(吉田美佳子)は教室のベランダから転落して死んでしまう。見ていたクラスメートは自分で手摺りに登り飛び降りたと言う。取り乱す父親。

父親・安藤聡(内野聖陽)は、妻に先立たれ加奈と二人きりの生活だったが、協力しあって静かに暮らしていた。大学で心理学を教える立場の自分が、娘の変化に気付けなかったことを責め続けていた。

そんな時、娘の同級生で笹川と名乗る美しい高校生(吉本実憂)が訪ねて来た。


中島哲也監督、役所広司、小松菜奈主演の『乾き。』(DVDあり)を思い出した。これは『罪の告白』と反対の立場だが、妙に一致する点がある。

『罪の余白』は父親がいじめられていた娘の同級生である犯人を追い詰めていこうとする。『乾き。』は娘はイジメが原因で行方不明になったと思い込んだ父親が、娘の本性に気付くという話だ。

どちらにしても父親は娘の本当の姿、本当の気持ちを「理解している」と思い込んでいたという点が似ている。

イジメ問題を軸に父親とクラスメートの攻防が「こうまでもするのか!」というくらい容赦なく描かれている。

主演女優さんの吉本実憂さんのこわ〜い目つき、明瞭な台詞まわし…悪役だけど目が離せなかった。
posted by ミッキー at 01:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月28日

原作漫画を知らなくてもOK! 10月3日公開 『バクマン。』

映画(かちんこ)『バクマン。』大根仁監督/120分/10月3日よりTOHOシネマズ日劇にて全国ロードショー公開 

上手い絵を描くサイコーこと真城最高(佐藤健)は、面白い話を書くシュージンこと高木秋人(神木隆之介)に「俺たち、二人で漫画家になってジャンプを目指そう!」と誘う。同級生の声優志望の亜豆美保(小松菜奈)の応援をうけて人気漫画雑誌「ジャンプ」の頂点を目指すが…。


大好きな俳優さんが出るとなると途端に試写に向かう足が速くなる。神木くん、山田孝之、染谷将太、新井浩文…。

神木くんだけ君付け。子役のころからのイメージに青年の清々しさをプラスして、今に至る神木くんをずっと応援していると、ついついミッキーおばぁの可愛い孫ちゃんのような気持ちになってしまう。この作品で高校生をやるが「百パーセント高校生!」だった。

原作は知らないし、ジャンプも開いたことないけど面白かった。漫画家の大変さ、出版社の思惑、専門用語、作画の仕方など勉強にもなった。

公開初日にもう一度、可愛い孫ちゃんに会いに行く予定!
posted by ミッキー at 18:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする