2018年08月18日

熱風7月号 (携帯は乾燥中)

毎月、スタジオジプリの好奇心「熱風」を試写室でお会いするねんねこさんからいただいている。毎号、ミッキーが気に入っているのがコルピ・フェデリコさんの「私のアニメ40年奮闘記」だが、今号では「日本人と戦後70年」で、ゲストが想田和弘監督の対談が面白かった。

『選挙』から『港町』まで全て観ているが監督自身の人生やどうして観察映画を撮るようになったか知ることができた。これは無料で特定の本屋さんに置いてあるがすぐに無くなってしまうそうだ。ねんねこさんのおかげで毎号読んでいるが中身の濃い小冊子だ。
posted by ミッキー at 08:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月17日

恋の都・ロンドンで人生、仕切り直し❗️ 8月25日公開『輝ける人生』

携帯水没! あ〜、名古屋に無事に着いたはいいが、家に着いてからがいけなかった。汗だくの洋服を脱いでGパンも洗おうと洗濯機にポイポイ入れて回したら、何処かからガラガラ、ゴトゴトと音がしたので……なんの音かなとボケ・ミッキーはしばらく気がつかず、5分ぐらいたって気付いて💦😱 もう手遅れとは思うが電源を切って乾燥するために放置している。

当分の連絡はiPadやラインでできるが「ミッキーの毎日・映画三昧」の文をガラ系携帯でバシバシと打っているから2、3日は短くなるかもしれない。


🎬『輝ける人生』リチャード・ロンクレイン監督/イギリス/114分/8月25日よりシネスィッチ銀座他にて全国順次ロードショー公開

35年間寄り添った夫が警察本部長を停年してナイトの称号を授与された。今日は自宅でお祝いのパーティー。彼女自身もレディとなってウキウキ気分が隠せない妻サンドラ(イメルダ・スタウントン)。

今日の日まで順風満帆に来た人生と思っていたが、なんとパーティー中に自分たちの寝室で、長年気を許していた親友と夫の浮気現場を目撃してしまう。

ショックを受けたサンドラはロンドンに住む姉ビフ(セリア・イムリー)の家に転がり込んだ。ビフは地位やお金とは無縁で、親友やダンス教室の仲間に囲まれ人生を楽しんでいた。

イライラして機嫌の悪いサンドラを心配したビフは、かつてダンサーを目指したこともあった彼女をダンス教室へ連れ行って……。


想像で、夫と親友の浮気現場を見ちゃったら、ミッキーなら家出するエネルギーもない。二重のショックで頭も回らずオタオタするだけだろう。

だが、サンドラは違う。大中小お揃いの素敵な旅行バッグに色々詰めて、キッとしたお顔でさっさと姉のお家に。そこに着いても姉の友人(ティモシー・スポール)を上から目線で「なんの用事でこの人ここにいるの? 」という目付きだった。

この作品は、自分の気持ちを押し殺して生活していらっしゃる方に是非とも観ていただきたい。人生を変えるほどの行動ができなくても、これを観た後、日頃言いたかったことを伝える勇気が出るかもしれないし、嫌な思いをしているなら表情に出してみるとか(これだってけっこう勇気がいる)、そんなちょっとしたアクションを起こす力を与えてくれそうだ。


posted by ミッキー at 08:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月16日

親友の死からわかったこと。 8月25日公開『クリミナル・タウン』

🎬『クリミナル・タウン』サーシャ・ガヴァシ監督・脚本/アメリカ/86分/8月25日より新宿シネマカリテ他にて全国順次ロードショー公開

ワシントンDCのとある公立高校の卒業を間近に控えるアディソン(アンセル・エルゴート)は、親友で優等生のケビン(ジャレッド・ケンプ)が銃殺されたニュース速報に驚く。

警察は、チンピラの黒人少年(ケビンのこと)が麻薬を巡るギャング同士の抗争に巻き込まれたものであるとして早々と捜査は打ち切られた。

しかしケビンが麻薬に関わって殺されたなどありえないと確信するアディソンは、彼の名誉を取り戻すため仲良しの幼なじみフィービー(クロエ・グレース・モレッツ)と一緒に独自に事件を追い始める。

しかし警察は彼の証言には耳もかさず、高校学校の校長は大学進学の推薦状を盾に事件に深入りするなとまで言われてしまう。



片時もビデオをはなさず、何かあると記録映像を撮る風変わりな男の子が、憎からず思っていた幼なじみの可愛い同級生フィービーから「この夏に信頼がおける相手と初体験したいの」と言われて舞い上がっていた。

母親が留守がちな彼女の家で初体験となった。その前に親友ケビンがバイトしているコーヒーショップに寄ってケビンと無駄話をしてから、彼女の家で親密な時を過ごしていたら、テレビの画面にケビンが銃殺されたニュース報道を見る2人。だから余計に2人はだまって見過ごすことができなかったのだ。

ところがアディソンが親友だと思っていたケビン像と食い違うこと、探っていくうちに不可解な行動も知ることになる。

自分たちの考えや行動ではどうしようもない大人の世界を垣間見た2人はそれぞれの大学に進む。この別れ方がとっても印象深かった。

posted by ミッキー at 14:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする