2017年01月22日

Suicaも携帯電話もパソコンもやめたくなった 1月27日公開『スノーデン』

🎬『スノーデン』オリヴァー・ストーン監督/アメリカ、ドイツ、フランス/135分/1月27日よりTOHOシネマズ みゆき座他にて全国ロードショー公開

2013年6月、元CIAの職員エドワード・スノーデン(ジョセフ・ゴードン=レヴィット)の内部告発によって、アメリカ政府が極秘に作ってきた国際的な監視プログラムの存在が明らかになった。

その告発の約9年前、平凡な若者はテロリストのみならず企業や個人、そして同盟国まで、世界中のメールや携帯電話での通話が監視されている現実に驚愕し、危機感を持っていた。


東京に着くといつも一万円だけSuicaにチャージして便利に地下鉄や買い物、外食に使っている。この作品を試写で観た帰りにチャージの機械で履歴というボタンがあったので試しにのぞいてみたらその日の行動、買い物がズラッと出てきた。

こんなことで驚いているミッキーの行動など、何の秘密もないからと無関心ではいられないヒタヒタと押し寄せる不気味な時代を感じ取った。

街では監視カメラ、携帯、パソコン検索履歴など、膨大な資料が探れば一目瞭然だろう。危険人物と見なさればなおのことだ。

第87回のアカデミー賞・長編ドキュメンタリー部門で受賞した『シチズンフォー スノーデンの暴露』も、もうすぐ公開される映画『スノーデン』も併せて観ていただくと、きっとSuica、携帯、パソコンはやめたくなるはず。

でもこうも生活の中に入り込んだ通信機器だから手遅れ……だろう。
posted by ミッキー at 00:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月21日

歴史的教訓を再確認する 1月27日公開『未来を花束にして』

風邪はひいていないが疲れが溜まっていることがわかる。そんな時は「すっと、頭に浮ぶ」ものを食べることにしている。夏は酢の物、というより酢そのもの。冬はいろいろあるが、今日は「ぜんざい」がすっと浮んだ。

近くのコンビニ(60代の売り子?と仲良し)で小豆あんの缶詰をかって、東京の映友からいただいた丸餅でぜんざいを作った。箸やすめに(これも東京の映友からいただいた昆布のだしをとった後に佃煮にした)昆布を少々。あ〜、美味しかった。

カチンコ『未来を花束にして』サラ・ガヴロン監督/イギリス/106分/1月27日よりTOHOシネマズ シャンテ他にて全国ロードショー公開

1912年のロンドン。夫サニー(ベン・ウィショー)と幼い息子ジョージの3人で暮らすモード・ワッツ(キャリー・マリガン)は、夫と一緒に洗濯工場で働いていた。

劣悪な環境で長時間労働で給金は最低だった。ある日、洗濯物の配達中に「女性参政権」を求める活動をする過激な女性グループに遭遇する。

その騒動に巻き込まれたのが縁で、モードは同僚の女性参政権を求める活動家と知り合い、自分も違う生き方ができる可能性があると気付いていく。

今から100年前のイギリス。女性の参政権が認められていなかった20世紀始めのロンドンがが舞台。実話が基になっている。
まるで教科書で復習しているような感は免れない。有名な女優さんたちを使っているが、一本調子で「躍動」のエネルギーが感じられなかった。

洗濯工場で幼い時から働いている女は短命だとか、賃金は安いなどの実態が知ることができて、観て損はないが、当時として周りの家族らの取った態度は「普通」というより「常識」のことで、世界中、どこにでもあった話だ。

彼女に影響を与える活動家のリーダーとしてメリル・ストリープが少ない場面だが登場する。


posted by ミッキー at 07:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月20日

お金のお掃除ならお手伝いしたい! 1月21日公開『ザ・コンサルタント』

カチンコ『ザ・コンサルタント』ギャビン・オコナー監督/アメリカ/128分/1月21日より丸の内ピカデリー他にて全国ロードショー公開

イリノイ州・シカゴ郊外のとある田舎町で、小さな事務所を構える会計士クリスチャン・ウルフ(ベン・アフレック)に、大企業からの財務調査依頼が来た。彼は重大な不正を見つけると、なぜか依頼は一方的に打ち切られてしまう。そんなことがあってから、何者かに命を狙われるようになってしまう。

実は、彼は世界中の危険人物の「裏」帳簿を仕切る裏社会の掃除屋でもあった。彼はシンプルで地味な生活をしているが、年収1000万ドルで、数字に関しては天才的頭脳を持ち主で、命中率100%の銃使いでもあった。

ベン・アフレックがアメリカの裏社会で活躍する。喜怒哀楽もほとんど表情に出さないし、画面に彼の笑顔もなかったはず。

最初の場面は税金対策で田舎の農家のお年寄り夫婦に、愛想無しで指示を与えていた。クールというより能面に近いベン・アフレック。でも金縁眼鏡が時々キラッと光るように、この会計士さんの「弱みは見せんぞ!」という強固な意志も表していた。

相談に来た農家ご夫婦は指示の結果で救われたので「いつでもうちの農場で銃を撃ってもいいから」と言われて、銃の腕慣らしで時々立ち寄るが、そこにも追っ手が後をつけてきて・・・。

いい男、カッコいいアクション、瞬時に計算が出来る頭脳で大企業の悪事をあばいて行く男から目が離せなかった。
posted by ミッキー at 07:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする