2017年09月21日

福岡アジアフォーカス映画祭(4)『ベンとジョディ 〜珈琲哲學 第二章〜』

🎬『ベンとジョディ 〜珈琲哲學 第二章〜』アンガ・ドウィマス・サソンコ監督/インドネシア/117分/日本初上映/Ben & Jody

今はワゴン車でインドネシアを巡りカフェを営業するバリスタのベンとジョディ(チコ・ジェリコとリオ・デワント)。一緒にやっていた仲間が妊娠したり、独立したい人が辞めたのをきっかけに、二人はジャカルタに戻りカフェを再開することにした。すべての財産を売り払って国中を回ってたので、出資者や新たな仲間を捜し始めるが……。

『プラハからの手紙』の監督さん。1965年のインドネシア。当時、スカルノ大統領の奨学資金でチェコのプラハに留学していた数百人もの学生は、スカルノ政権が崩壊したのを受けたパスポートが失効になり、祖国インドネシアに帰れなくなった史実を描いていてとても見応えのあり、勉強にもなった作品。

この新作には第1章『フィロソフィ・コピ(珈琲哲学)』があって今回上映されたのはその続編。珈琲の名産地であるインドネシアを舞台にして珈琲道を追求する若者たちを描いている。

コーヒー好きには見逃せない題名なのでマークしていたが、ストーリー展開もあわただしく、男女4名の俳優さんも個性が引き立っていない。簡単に恋人関係になる設定もお手軽でいただけなかった。

唯一、コーヒー農園が大企業に搾取される構図でインドネシアの現実が垣間見られたのが良かった。
posted by ミッキー at 13:07| Comment(0) | 映画祭・映画関連催し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月20日

福岡アジアフォーカス映画祭(3)『FAN』『噂の男』

昨日に引き続き福岡映友と博多中洲に食事に行った。ちょっと高いけどと気を使っていただいたが、9人でお腹いっぱい食べて、飲みたい人はお酒類も入れて 1人2300円。(前日は1350円)

名古屋で言うと錦三丁目の雰囲気だが、入ったお店は野菜惣菜がメインで野菜不足が一気に解消した。

他の都市から比べて九州地方は物価が安い。でも「時給」もそれに応じて安いと聞いたので商店の募集を見たが850円が平均だった。

🎬『FAN』マニーシュ・シャルマー監督/インド・クロアチア・英/143分

デリーに住む青年ゴゥラヴ(シャー・ルク・カーン)は、スーパースターであるアーリヤン(シャー・ルク・カーン)の熱烈なファン。アーリヤンあ人生の全てで「神様」とも呼べる存在だった。外見までもよく似ててアーリヤンのものまねで地元のコンテストの何回も優勝している。

そんな彼は、アーリヤンに一目会いたい一心で、彼の誕生日を祝おうと優勝したトロフィーや地元の美味しいお菓子を持って、勇んでムンバイにやって来た。

だが、大スターのアーリヤンの側に寄ることも叶わなかった。ちょうどその時、1人の若者がテレビで「アーリヤンなんか、もう古い」などと言うのを見て、アーリヤンも喜ぶと思って、その若者に強引に謝らせて、それを動画にアップしたのだ。

それを見たアーリヤンは感謝するはずもなく、反対に「そんなことをする人間はファンじゃない」と批判された……。

ボリウッドの帝王、シャー・ルク・カーン主役二役。20代の若者と壮年の大スターを演じわけるての娯楽作か、と思いきやのスリラー的要素もあって笑う部分はほとんどなかった。

まあ、二役だから似てて当然だが、鼻の形、ダサさとスマート、声のトーンなどで「違う」と思わせる工夫がなされていた。

映画大国のインドだからこそ、大スターとファンの関係も濃いのではと感じた作品。

🎬『噂の男』ナワポン・タムランラナタリット監督/タイ

1990年代のタイ・バンコクで伝説的なビデオショップがあった。当時タイでは、映画館で上映されていなかったインディーズの傑作を世界中から集めて、VHSにコピーして違法承知で売っていた「あの店」の「あの店長」…。

当時、タイの映画愛好家、映画業界におよぼした影響は計りしれない。「あの店長」はアート系の映画館やインターネットの普及によって今は居所知れず…。

当時、その店に通い詰めて、その後、映画評論家、映画監督になった人たちが「あの店」のことを思い出しながら語ってくれた。

6、7人入ると満員になる店でうかうかしていると店の外に押し出されてしまったり、何の通知もなく転々と店の場所が変わったり、はたまた「店長」の性格や隠された私生活など話題がつきない内容だった。

インタビューに答える監督さんたちは、浅野忠信主演の『地球で最後のふたり』のペンラーグ・ラッタナルアーン監督、

『トップ・シークレット 味付のりの億万長者』や『フェーンチャン ぼくの恋人』のソンヨット・スックマークアナン監督、

『シャッター』邦題『心霊写真』のパンジョン・ピサヤタナクーン監督、

『手あつく、ハグして』のコンデート・ジャトゥランラッサミー監督。

「噂の男」の功績は違法ではあるが「偉業」だと思った。
posted by ミッキー at 17:15| Comment(0) | 映画祭・映画関連催し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月19日

福岡アジアフォーカス映画祭(2)『頭脳ゲーム』

昨日は深夜バスの影響ですっごく疲れた。あんなに映画で意識不明に眠り込んだのも珍しい(珍しくない?)。 映画で寝込んだので晩の福岡映友との「飲み会」に参加できた。

ホテルには夜11時半について、靴を脱いだだけでの格好で夜中3時まで寝て、それからシャワーを浴びてまた寝た。起きたのが8時。嬉しいことに疲れは取れていた。

🎬『頭脳ゲーム』ナタウット・プーンピリヤ監督/タイ/130分/日本初上映/Bad Genius

超成績優秀で記憶力抜群の女子高校生リン(チュティモン・ジョンジャルーンスックジン)は、試験で親友のグレース(イッサヤー・ホースワン)を助けたことから、グレースの裕福なボーイフレンドの提案でカンニング・ビジネスを始める。

試験中に彼女が答えを教えて代金をもらうというものだ。さまざまな手段で試験に高得点を取らせたリンは地味な生活から一転して豊かな生活になる。

そして大学進学統一試験という大きな「ビッグビジネス」に挑むが…。


カンニングもこんなに規模が大きくなってはと、びくびくしながら観た。

ミッキーも小学生の時、カンニング?とまではいかないが、優秀な人の動きで答えを教えてもらったことがある。先生が問題を言って、当たっている番号を書きなさいという小さい試験だった。

斜め前の優秀な女の子の手の動きをみていて、先生が答えを「一番、新潟県。二番、秋田県。三番、山形県」と言っていくと、優秀な女の子のさっと動くところの番号をみて、ミッキーも真似して……というアホなカンニングの思い出がある。でも相当ドキドキしたのも覚えている。

国内の大学を決める試験までで、カンニング組織をやめておけば良かったのに、留学生資格試験が世界規模でまで広がっていく。

その試験は同じ問題で同じ日、同じ時間からスタート。その仕事は無理と断ろうとしたリンだったが、タイとシドニーでは4時間はやくシドニーが開始されるのでリンは同じく貧しい天才男子学生と組んでシドニー会場に行き答えを暗記して便所にかくしてある携帯で送信するというハラハラドキドキの展開で度肝を抜かれた。

これは「観客賞」を受賞したと先ほどきいたが、やっぱり!と思った。

posted by ミッキー at 18:34| Comment(0) | 映画祭・映画関連催し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする